リオ五輪を振り返れば「逆転」あり


五輪史上女性初となる4連覇を成し遂げた伊調馨

五輪史上女性初となる4連覇を成し遂げた伊調馨

リオ五輪があっという間に終わった―。

21日に雨の中行われたリオオリンピック閉会式ではマリオに扮した安倍晋三首相が登場して、五輪旗が小池百合子東京都知事の手に渡され、東京五輪にバトンを渡して無事に閉幕した。

日本は五輪史上最多となる41個(金12個、銀8個、銅21個)を獲得するなど、2020年の東京オリンピックに大きな弾みを付ける成果を挙げた。メダル争いが繰り広げられる中で日本勢に見られたのが「逆転」という言葉に象徴される戦いの中で金メダルを獲得したアスリートが目立った。

リオ五輪男子体操個人総合で金メダルを獲得した内村航平(左)

リオ五輪男子体操個人総合で金メダルを獲得した内村航平(左)

まずは、男子体操個人総合で金メダルを獲得した内村航平だ。団体総合では悲願の金メダルを日本にもたらせたエースは、個人総合でも決してあきらめることなく戦い抜いた一人なのではないだろうか。団体総合の予選から6種目すべてを演じてきた内村は「力を出し切った」と個人総合の演技後に語っていたが、最終演技となった鉄棒での着地を成功させた時の身体の奥底から湧き上がる最後のエネルギーを出し切った感がひしひしと伝わった。

決勝5種目を終えた時点で内村は、オレグ・ベラニュエフに次いで2位だった。ぎっくり腰など満身創痍の内村にとっては逆転は厳しいのではないかという見方が強かった。個人総合2連覇の重圧も本人にはあったであろうが、内村は普段と変わらず自分の演技をすることに集中していたように見えた。見ている私たちは手に汗握り、体中が力んでいる状態の中で内村の演技を見ていただろうと思うのだが、内村はそれがなかった。逆転の場面で普通に演技をして、普通に演技をやり遂げたのだ。逆転を許したベラニュエフは言う。「採点はフェアだった」

女子レスリング58キロ級でオリンピック4連覇を果たした伊調馨も決勝では残り4秒まではリードを許していたが、焦ることなく冷静に普段通り戦っていた。史上初の4連覇と言う重圧もあって本人は「あまりいいレスリングができなかった」と話していたが、それでも自分自身の調子を冷静に分析して、1-2で負けていても焦ることなく一瞬のスキをついて相手のバックを取って2ポイントゲット。逆転で金メダルを手にした。

日本バドミントン界に五輪初金メダルをもたらした高橋麗華・松友美佐紀ペア

日本バドミントン界に五輪初金メダルをもたらした高橋麗華・松友美佐紀ペア

日本バトミントン界に初の金メダルをもたらしたのが女子ダブルスに出場した高橋麗華・松友美佐紀ペアだ。日本時間の真夜中に行われたデンマークペアとの決勝戦をテレビの前で声を挙げて応援した方もたくさんいたことだろう。互いに1セットずつを取って迎えた最終第3セットで、デンマークペアに16-19と“タカマツペア”は追い込まれた。世界ランキング1位というプレッシャーもあっただろうし、ここまできたら金メダルしかないと強く思っていたことだろう。試合後に高橋が「どうせ負けるなら最後まで思い切って」といった発言をしていたが、決してあきらめてはいなかった。

相手が勢いに乗り、自分たちが追い込まれるとその多くは無理な攻撃をして自ら得点を失ってしまうことが多くなる。この決勝戦でも16-19になって時点で「金メダルはもうだめだ。銀メダルでもすごいよ」と床につこうとした方も多かったのではないだろうか。しかし、“マツトモペア”は冷静だった。そしてデンマークペアのポジションをしっかりと読み取り、1ポイントずつ返していった。この冷静さが逆にデンマークペアの焦りを与えた。攻撃がたんぱくになり、20-19で日本がマッチポイントを迎え、デンマークペアの放ったシャトルはネットに跳ね返されて、タカマツペアが土壇場大逆転で金メダルを手中に収めた。

リオ五輪から東京五輪へと戦いの舞台は移された

リオ五輪から東京五輪へと戦いの舞台は移された

内村も伊調も、そしてタカマツペアも世界の王者・女王としてこのリオ五輪でも自分の戦いが最後まで出来ていたことが、逆転につながっているように思えてならない。自分の力を出せば相手がどうあれ勝てるのだ―。言葉にこそ出してはいないがそんなプライドと冷静さがもたらした逆転劇だったのではないだろうか。

負けるのは得てして相手に負けるのではなく、自分自身に負ける時である。見ている私たちがハラハラドキドキしているだけで、案外選手たちはあっけらかんと、淡々と競技をこなしているだけなのではないだろうか。

オリンピックの次の舞台は東京に移される。日本選手団が普段通りホームで戦える環境が用意される。その反面、これまで以上の重圧もかかってくるだろう。目標金メダル獲得数を30個という話もあるが、まずは選手たちにいつも通りに戦ってほしいと強く願う。

コメントを残す