「新しい力」<Sendai Open2016・2日目>


f:id:CHALLEATH:20160909154020j:plain 2016年8月19日(金) 台風が迫る仙台だが、ここ泉区の総合運動場は灼熱の太陽がコートを照りつけている。 フューチャーズという大会カテゴリーでは、これからの日本を背負う逸材が、日々向上するテクニックとプレーを惜しまなく披露してくれており、やがて訪れるブレイクの瞬間を否応なしに期待させてくれる。 f:id:CHALLEATH:20160909154042p:plain なかでも女子選手は2020年までに、必ずや世界ランク上位を狙えるレベルまで上り詰めるのではないだろうか。 田中愛美(マナミ)選手、船水梓緒里(フナミズ シオリ)選手、高室冴綺(タカムロ サキ)選手は、日本のチャレンジド・アスリートの台風の目であり、これからも絶対に目が離せない。 是非、一度ご自身の眼で彼女たちを実感していただきたい! SENDAI OPEN2016(当日の競技結果はこちらから閲覧可能) ■その他の車いすテニスの記事はコチラ ■CHALLEATHチャレンジド・スポーツのポータルサイト

コメントを残す