準硬式野球の逸材を探せ!


23日に関西六大学準硬式野球春季リーグ戦がわかさスタジアム京都で開幕した。

このリーグは関大、関学大、同大、立命大、阪大、神大の六大学で構成されている。西日本では最高峰のレベルを誇っており、昨年は関学大の坂本工宜投手が巨人から育成4位でドラフト指名されるなど好選手が揃う。

今回は第二の坂本を探すべくわかさスタジアムを訪れた。坂本には及ばないものの好素材の選手を何人か見つけたのでリストアップしていきたい。

まずは投手から。前置きすると準硬式野球のボールは硬式のボールに比べて5㎞ほど球速が落ちると言われている。要するに準硬式で145㎞を投げることができれば硬式で150㎞を投げる力があるということになる。ちなみに坂本は148㎞を投げていたという。この日登板した投手で坂本を超える投手はいなかったが、140㎞超えの投手が2人いた。

一人目は同大の富永倫太郎(3・小城)。阪大戦に先発登板し、9回1失点で勝利投手となった。ストレートの平均球速は130㎞台後半だったが、最後の打者との対戦で142㎞を記録。120球以上投げた中でも力のあるボールを投げられるスタミナがあるところを証明して見せた。変化球の制球がやや甘いのが気がかりだが、リーグでも指折りの好投手と言っていいだろう。

同大のエース・富永

二人目は関大の池本直斗(3・洲本)。立命大戦で8回から登板し、2回を投げ無安打5奪三振の快投を見せた。この日の最速は142㎞だったが、対戦した打者からはキレは坂本以上という声も上がっていた。どちらかと言えば先発よりもリリーフで力を発揮するタイプのように思える。まだそれほど注目度は高くないが、今後が楽しみな投手だ。

キレのある直球を投げ込む池本

野手は昨年まで立命大の中小路駿(比叡山)、同大の岡本拓朗(三重)という硬式の選手も顔負けするようなスラッガーがいたが、今年はやや小粒な印象だ。その中で打撃センスを感じたのは同大の坂枝賢(4・高松)だ。1年生からレギュラーとして出場している選手でこの日は3番ショートで出場。4打数3安打とリーグナンバーワン内野手としての力を見せつけた。

打撃センスの光る坂枝

大学野球は硬式だけではない。準硬式野球にも目を向けてみれば隠れた逸材に出会えるかもしれない。日本には全国各地に準硬式野球部があるのでぜひ近くの試合に足を運んでみてほしい。

 

コメントを残す