マイアミ・オープン2017ドロー展望 錦織のいるボトムハーフの強豪が次々と初戦で姿を消す!?


お勧め:速報3/27マイアミ・オープン2017 3回戦 錦織圭VSフェルナンド・ベルダスコ

お勧め:マイアミ・オープン2017 ドロー、組み合わせ表、試合結果 錦織圭は第2シード

 

マイアミ・オープン2017(マスターズ)は2回戦が終了しました。
マスターズとは四大大会に次ぐ大きいトーナメントで、年間9大会あります。
四大大会と共にマスターズでも未勝利の錦織にとって、是が非でも優勝したい大会です。
この大会では、世界1位のマレー、2位のジョコビッチが欠場、錦織は第2シードという過去最高のシードでのぞんでおり、大きなチャンスを得ています。
加えて、昨年度に準優勝、コートの相性も良い大会とも考えられています。

そんな錦織は2回戦でビックサーバー・アンダーソン(74位)に完勝、上場の滑り出しとなりました。※シード勢は、2回戦から登場します。
テニスでは組み合わせのことをドローと言い、上半分をトップハーフ、下半分をボトムハーフと言います。
今回の錦織はボトムハーフとなっています。
そのボトムハーフでは、16人いるシード選手のうち、10人が初戦で敗れる事態に陥りました。
しかも、錦織が4回戦、準々決勝で対戦可能性があった6人のシードは全員敗れる事態となっています。この中には強豪のチリッチも含まれます。
…結局、2回戦で敗れたシード選手は、全部で14人となりました。
錦織の3回戦は、3月27日午前0:00からとなります。

コメントを残す