馬場遼のスポーツライター道 第7話


こんにちは。少し夏バテ気味の馬場です。実はありがたいことに現在書いている媒体以外にもいくつかの媒体でライターとしてのお話を頂いております。いずれも話を頂いているところは大学時代から交流のある方からの紹介です。そういう意味でもこの仕事をするにあたって人との縁は大切だなと感じています。大学時代に友人との会話で恋愛は運と縁とタイミングだと教えられましたが、スポーツライターになるにも運と縁とタイミングはかなり重要だと感じているので今回はそのことについて触れていきたいと思います。ちなみに恋愛に関しては運も縁もタイミングもサッパリです(笑)

運とタイミングに関してはかなり関連性があると言えるでしょう。実際に私が月刊陸上競技と野球太郎でお仕事をさせて頂いているのは運とタイミングが良かった以外に理由はありません。どちらも応募した時にたまたま私の住んでいる地域で人材が不足していたからです。仮に人材が充足していたら恐らく仕事はもらえていないです。その意味で運とタイミングが良すぎました。

縁に関しては前述の通りですが、本当にいつどこでそういった話が頂けるかはわからないので人との縁は大切にするべきだと思います。私自身、学生記者の中で見ても文章力や取材力がある方ではなかったのですが、行動力はあったので他の学生記者よりも友人は多かったと思います。めちゃくちゃ仲の良い人は多くなくても良いですが、色んな人と交友関係を持っておいたほうが良いと思います。

この1年間を振り返ってみても人生は偶然の産物だなと感じました。本当に人生は何が起こるかわかりません。何が起こるかわからないからこそ人との縁を大切にしてほしいと思います。

コメントを残す