出雲駅伝オーダー予想・青山学院大学


東海大に続いて出雲駅伝のエントリーを公開したのが3連覇を目指す青学大。エントリー選手10人は以下の通りである。

下田裕太(4年)

田村和希(4年)

吉永竜聖(4年)

小野田勇次(3年)

梶谷瑠哉(3年)

橋詰大慧(3年)

森田歩希(3年)

竹石尚人(2年)

神林勇太(1年)

吉田圭太(1年)

恐らく今年は過去2年に比べて厳しい戦いとなるだろう。2年連続アンカーで勝負を決めた一色恭志(現・GMO)が卒業し、前回1区5位の鈴木塁人(2年)が外れ、田村も故障明けで万全ではない。ただ選手層は厚く、優勝候補の一角であることに変わりはない。10人全員が区間上位で走る力があり、6人に絞り込むのが正直、難しい。悩みに悩んで考えたオーダーが以下の通りだ。

1区(8.0㎞)橋詰大慧

2区(5.8㎞)田村和希

3区(8.5㎞)森田歩希

4区(6.2㎞)小野田勇次

5区(6.4㎞)吉田圭太

6区(10.2㎞)下田裕太

1区は梶谷や神林なども考えていたが、今年好調の橋詰は主要区間で使いたい。1区でも十分に通用するだろう。昨年の鈴木や箱根の梶谷のように先頭が見える位置で襷を繋ぎたい。

田村は万全ではないとはいえ、起用するつもりでなければ最初からエントリーされないはずだ。田村は昨年と同じ区間で先頭を追いかける走りが期待される。昨年ほどの走りはできないかもしれないが、この時点でトップ争いの位置にはいたい。

田村の起用はあるか?

3区は東海大の關颯人、神奈川大の鈴木健吾、順大の塩尻和也などエースの投入が予想され、出入りの激しい区間になる可能性が高い。青学大にとってはここを冷静に乗り切ることが求められる。この区間には自分のリズムで走ることのできる森田を起用したい。仮に先頭を奪われたとしても大幅に遅れを取らずにいけば優勝の可能性が高くなってくる。

4区はスピードのある小野田に追い上げを期待する。理想は昨年の全日本5区で見せたような走りだ。ここで区間賞を取り、追い上げムードを作ることができれば昨年の再現となる。

レースのキーマンとなりそうな小野田

5区は誰が起用されてもおかしくないが、日本インカレ5000m9位と結果を残した吉田に託したい。先頭争いの状況で襷を受けることが予想されるが、大舞台の経験もあり、心配はいらないだろう。優勝のためにはここでトップに立っておきたい。

アンカーは本人が希望している下田だろう。距離が長く、淡々と走れる区間でこそ持ち味を発揮できるはずだ。最後のスピード勝負になった時に不安はあるが、最上級生の意地に期待したい。

下田はアンカーで起用されそうだ

一色の抜けた穴は大きく今年は苦戦が予想されるが、勝機は十分にあると見ていいだろう。エース区間を耐え、繋ぎ区間で稼ぐというスタイルになるだろうか。黄金時代が続くかはこの出雲の結果で左右されるといっても過言ではない。王者のプライドに賭けて3連覇は絶対に譲れない。

コメントを残す