出雲駅伝オーダー予想・東洋大学


東海大、青学大に続いて出雲駅伝のエントリーを公開したのが東洋大だ。前回はまさかの9位に終わったが、今回は若い力で巻き返しを狙う。エントリーメンバーの10人は以下の通りだ。

小笹椋(3年)

中村拳悟(3年)

山本修二(3年)

相澤晃(2年)

今西駿介(2年)

小室翼(2年)

中村駆(2年)

渡邉奏太(2年)

西山和弥(1年)

吉川洋次(1年)

まさかの4年生のエントリー0人で3年生以下というフレッシュな顔ぶれとなった。最上級生がいないのは不安が大きいが、幸いにも1、2年生に有力選手が多く、来年に向けて良い試金石となるだろう。上位進出を狙いつつ将来を見据えたオーダーを考えたのが以下のオーダーだ。

1区(8.0㎞)西山和弥

2区(5.8㎞)中村駆

3区(8.5㎞)相澤晃

4区(6.2㎞)渡邉奏太

5区(6.4㎞)今西駿介

6区(10.2㎞)山本修二

1区は日本インカレ10000m日本人トップの西山に託す。駅伝での実績はあり、勝負強さも日本インカレで勝負強さを見せつけており、不安はないだろう。区間賞争いに期待したい。

2区は昨年同様に中村を配置する。昨年は区間9位と不本意な成績に終わったが、1500mで3分47秒90のスピードがあり本調子ならこの区間で力を発揮できるだろう。昨年のリベンジといきたいところだ。

3区は主力の一角である相澤になるだろう。日本インカレ10000mは欠場したが、ハーフマラソンで1時間2分台とロードに強い選手で区間上位で走る力はある。次期エースに名乗りを挙げる走りに期待したい。

主要区間での起用が予想される相澤

4区は昨年もこの区間を走った渡邉の再登板か。昨年はまさかの区間12位に終わったが、10000m28分台の力がある。本来の走りができればここで浮上できるだろう。今年こそ駅伝で本領発揮といきたいところだ。

5区は初駅伝の今西を投入する。大学ではまだ大きな実績はないが、高校駅伝などでの実績を考えれば器用に不安はないはずだ。ここで自信をつけてレギュラー定着に向けてアピールしたい。

6区はエースになりつつある山本に託す。昨年度の全日本、箱根の走りを見ればアンカーに自信を持って送り出せるだろう。新たな東洋大のエースは山本だとファンに印象づける走りに期待したい。

新エースとして期待される山本

今回の出雲は3位が現実的な目標となるだろう。このメンバーで3位以内に入ることができれば、今後も東洋大は強いと周囲に思わせることができるはずだ。4年生不在というピンチをチャンスに変えることができるだろうか。

コメントを残す