スポーツライターの仕事の増やし方


こんにちは。もうすぐスポーツライターの仕事を始めて1年になります。最近になって新規の仕事が急激に増え、おかげさまで今後はアルバイトをしなくてもある程度の収入を見込めるようになりました。2月に会社を辞めた時は3年くらいはアルバイトをしながらの生活になると思っていたので現状は予想以上です。ここまでたどり着けたのは多くの方のご理解とご支援の他にありません。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

ではどのようにして仕事を増やして来たのかという疑問が出てくると思いますが、新たに仕事を得る方法として大きく以下の3つに分けられると思います。

  1. 自ら売り込みに行く
  2. 知り合いからの依頼、紹介
  3. 編集部からの直接オファー

まず自ら売り込みに行くパターンですが、何も実績がない場合はここから始めていくことになります。具体的に言えば読んでいる雑誌にライター募集と書いてあるところやネットで「スポーツライター 募集」などと検索してヒットしたところに申し込むという手法です。私も初期はいくつかアタックして現在に至るまで定期的に執筆させて頂いている媒体が現時点で3つあります。

次に知り合いからの依頼、紹介というパターンです。少しずつライターとして活動しているのが認知してもらえるようになると知り合いのメディア関係者などから仕事を紹介してもらえたり、直接依頼してもらえることがあります。私のライターとしての仕事が一気に増えたのはこれによるものが大きいです。大学時代から関わりのある方や中には地元の先輩に依頼してもらえたこともあるので人脈の大切さを改めて感じました。

最後に編集部から直接オファーという事例ですが、つい先日に初めて経験しました。SNSでライターとしての活動報告を行っているのを見てとある出版社の方からうちでも書いてほしいというメッセージが来ました。少しずつ実績を積んでいくと、ライターを探している媒体ではオファーを送ってくださるようです。

まだまだ実力、実績ともに乏しいですが、ここまで来れたのは大きな進歩だと思います。これからも温かく見守って頂ければと思いますのでよろしくお願い致します。

コメントを残す