箱根駅伝2018で考えさせられた”無名”の意味と青学大の強さ


青学大が史上6校目となる箱根駅伝4連覇を達成した。

青学大を率いた原晋監督は、今回の箱根駅伝へのスローガンを「ハーモニー大作戦」と銘打って、往路こそ東洋大に優勝を奪われたものの、復路で見事な逆転劇を演じて「ハーモニー大作戦400%大成功!」と高らかに宣言した。

青学大が箱根駅伝で初優勝してからというもの、多くの有力高校生ランナーたちが青学大に進学を希望すると他大学の関係者がぼやいていたが、たしかにその世代の実力者が入学し、優勝の原動力になっていることは言うまでもない。

しかし、今回の箱根駅伝を見ていて強く感じたのは、必ずしもそういった”有名選手”ばかりが青学大の優勝の原動力になっているということではないということだ。花の2区で区間賞を獲得した森田歩希(3年)は、神奈川大の鈴木健吾や順大のオリンピアン・塩尻和也、山梨学院大のドミニク・ニャイロなどの各校のエースの陰に隠れていた。

5区の山登りで1位東洋大との差を約1分半詰める力走を見せた初出場の竹石尚人(2年)も、特にこれといった実績もなく区間賞候補にも名前の挙がらない選手だった。優勝のゴールテープを切った10区・橋間貴弥(3年)はスポーツ推薦ではなく指定校推薦で駅伝では無名の山形南高から青学大の門を叩いたチャレンジャーだ。

MVPを獲得した林(青学大陸上競技部公式HPより抜粋)

そして、今回の青学大4連覇の立役者となった7区・林奎介(3年)は大学のスポーツ選手としては珍しい理工学部で勉学に励みながら、ハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太(現ホンダ)が東洋大時代の2012年にマークした区間記録を16秒も更新する走りを見せた。大学駅伝デビュー戦となった林がいきなり難攻不落といわれた区間記録を破る疾走は、満場一致で金栗四三杯(大会MVP)に選ばれるとともに、青学大の4連覇を決定づけるものとなった。

青学大は高校時代の実績ある選手ばかりを獲得しているから強いのだ-。そんな言われ方をすることが箱根駅伝で勝つたびに多くなるのだが、実はいわゆる”無名”と呼ばれる選手が箱根駅伝という大舞台で大きく飛躍しているのだ。

「青学大の選手層の厚さ」が箱根駅伝4連覇の勝因である。確かに10代のマラソン日本記録を持つ下田裕太(4年)や、大学3大駅伝で計6回の区間賞を獲得した”駅伝男”田村和希(4年)など実績を持った有名選手たちが躍動することでチーム全体を引っ張っていることは間違いない。しかし、それだけにとどまらずに”無名”と呼ばれる選手たちでも認められれば、大舞台に上がることができるという環境が”無名”選手たちの発奮材料となっているのではないだろうか。

”無名”という言葉は、その選手たちに対して大変失礼な言葉であることに改めて気づかされる。選手たちが”無名”ではなく、ただ私たちが知らないというだけなのだ。大いに反省しなければならない。

”無名”というレッテルを貼られながらも、それをある種のバネにして大舞台で大仕事をやってのける選手たちはすごい。周囲の期待以上の仕事をこなす「監督のみぞ知る」職人のような選手たちが台頭するからこそ、青学大は勝ち続けることが出来るのかもしれない。

さあ、史上3校目となる5連覇へ向けて青学大はスタートを切った。10区間中7選手が残る青学大だが、今度はどんな”無名”なランナーが飛び出してきて、どのようなハーモニーを奏でるのかにも注目していきたい。

コメントを残す