RBCテニス2018ドロー決定 復帰2戦目の錦織は敗れたばかりの238位と再戦!(ダラス・チャレンジャー)


参考:RBCテニス2018 ドロー

1月に復帰した錦織圭ですが、復帰戦はチャレンジャー(ATP下部大会)を選択しました。
チャレンジャーは世界ランキング100位以下の選手が多く出場している大会です(錦織は24位)。

 

復帰戦となったニューポート・ビーチ2018では、第1シードながら1回戦で敗退してしまいました。
対戦相手は238位のデニス・ノビコフ(アメリカ)で、3-6,6-3,4-6という結果でした。
まだまだ本来の錦織にはほど遠い状況ではありますが、何とか復活へのあしがかりとつかみたいところ。

 

次は1月29日開幕のRBCテニス(ダラス・チャレンジャー)となります。
ドローも発表され、偶然にも1回戦で負けたばかりのデニス・ノビコフと当たる組み合わせになりました。
当然、錦織は第1シードですが、復帰2戦目でどのようなプレーをするのか、その内容が注目されます。

なお、日本からは伊藤竜馬(156位)も本戦にエントリーしています。

RBCテニス2018 ドロー

コメントを残す