東都学生軟式野球春季リーグ戦対神大戦


3月30日 戸田市営球場

7安打を放つも1点どまり…開幕連勝スタートとはならず 

壮絶な打ち合いを制し、リーグ開幕戦を勝利した中大。2戦目は神大との対戦となった。試合は初回、先発の早坂倖太(経3)が立ち上がりに連続四死球で招いたピンチから犠飛で先制を許すと、その後も失点を重ね5回を投げて3失点。一方の打線は相手投手陣から計7安打を放つもわずか1得点に終わった。「守備も攻撃もリズムが悪くなった」(水谷紘輝主将・商3)。投打に精彩を欠いた中大は開幕連勝スタートとはならなかった。

中大は一回。前の試合二桁安打を放った好調な打線が、安打と四球で一死二、三塁と先制の好機を作る。しかし、二塁走者の佐藤玄太(商3)が牽制で刺され二死となり、4番長谷川賢吾(経3)も遊ゴロに倒れ、絶好の得点機を生かせない。

中大の先発は左腕の早坂。初回から制球に苦しんだ。先頭打者にいきなり死球を与えると続く打者にも連続四球を与え、あっという間に無死満塁の大ピンチを招いてしまう。迎えた4番打者にはカウント2-2と追い込んだものの、中犠飛で先制を許した。早坂は続く二回にも2つの四球で一死一、二塁ピンチを背負うと、1番打者にこの日初めての安打を右前へ運ばれ、2点目を失った。

▲先発の早坂

安打は出るものの、なかなか得点機を生かせない中大。一、二、四回と走者を得点圏に進めるが、あと一本が出ず、相手先発投手を打ちあぐねる。

そんな中迎えた四回。早坂は先頭打者を二回同様四球で歩かすと、続く7番打者の打席で早坂がまさかの悪送球。自らのミスで無死一、二塁と再度ピンチを背負う形に。その後一死二、三塁となり迎えた9番打者に中前適時打を許し、3点目を失った。早坂は結局5回3失点でマウンドを降りた。

反撃したい打線は六回。先頭の林康平(経3)が左越え二塁打を放つと、二死後鈴木太郎(経3)が右中間を破る適時二塁打で1点を返した。「全然チャンスで打てていなかったので、打ててよかった」(鈴木)。五回までに実に3度得点圏に走者を進めつつも得点を奪えなかった中、鈴木の適時打でようやく反撃ムードを作った。

▲適時打を放った鈴木

六回からは継投に入り、二番手で福迫幸己(法3)がマウンドに上がり、好リリーフを見せる。八回も二死から安打を許したが後続をしっかり抑え、スコアボードに0を並べ、最終回の攻撃に望みを託した。

八回にも好機をつくりながらも得点を奪えず1対3で迎えた最終回。なんとしても出塁したい場面だったが、先頭の林達也(経2)が三振に倒れると、そのあとも続かず3者凡退。前の試合二桁安打放った打線もこの試合では快音響かず、1得点に終わり、1対3で敗れた。

終始主導権を握れなかった。「攻めも守りもミスばっかでしたし、まずい試合でしたね」と岩下監督の表情も晴れなかった。課題は投手陣か。「とりあえずは守備ですね。軟式野球をやる以上は投手が7割ぐらい占めてると思うので。ピッチャがどれだけ抑えられるかですね」(水谷主将)。

攻撃でも走塁ミスなど、拙攻が目立った。「点が取れなかったのは痛かった。1点取れましたけど、それを繋げたかったですね」(鈴木)。リーグ制覇に向け、課題が露呈した試合となった。

 

試合結果

中大=000001000=1

神大=11010000×=3

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す