2018年東都大学野球1部春季第1週(東洋大×中央大)


●東都1部 18/4/11 神宮
東洋大
000 001 011=3 H14 E1
000 000 010=1 H 4 E0
中央大
東:上茶谷-佐藤
中:伊藤、畠中、喜多川-田畑
本塁打 小峰(東)
二塁打 堀北(東) 五十嵐滉(東)

6回表 0アウト 2番小峰のレフトへのソロ。
8回表 1アウト1,3塁 6番岡崎のライト前タイムリー。
8回裏 2アウト1,3塁 9番中田のセンター前タイムリー。
9回表 2アウト2塁 3番竹原のセンター前タイムリー。

今年の東都始めしてきました。今年も1年良い戦いが見られればと思いますが、今週は2戦で終わりかなと思っていたのですけども・・、3戦目までもつれたのが予想していた駒澤-立正ではなく、東洋-中央の方でした。駒澤2連勝はOP戦の内容が内容だったもので正直びっくりでしたけども、白銀滉大(4年・柏日体)がギリギリ間に合ったみたいですし、他の1部校には少し脅威かも。立正はOP戦から内野守備もですけど、やっぱり小畑尋規(トヨタ自動車)の穴がでかそうかなぁと。投手陣もそんな変わっていないわけですしね。上手く誤魔化せるかどうか・・。

というわけで1試合のために神宮へ行きましたが、今年の大学球界を席巻するであろう東洋を見ないわけにもいかないですしね。中央はまあ・・、2年ぶりに伊藤優輔(4年・都小山台)も見れて良かったなぁという感じでしたのでありっちゃありでした。

試合はプロのスカウトの評価急上昇中の東洋大・上茶谷大河(4年・京都学園)と伊藤の投手戦になりますが、グラウンド整備後の6回いきなり動きます。2番小峰聡志(3年・帝京)のレフトへ打った瞬間のホームランで東洋が1点を先制。3連投の割に力も抜けていて良い投球だった伊藤を6回で降ろしましたが、連投の上、先が長いという事で無理をさせずといった所でしょうか。その後は完全に東洋のペース6回以降10安打(とはいっても2点しか取れてないのですが・・)。代わった畠中優大(2年・樟南)から6番岡崎心(1年・帝京)のタイムリーが最終的に決勝点に。上茶谷が1戦目に続く完投で東洋に勝点をもたらしました。

勝った東洋ですが、やっぱり先発の上茶谷。3月の楽天との練習試合で内角への「えぐい」投球を見ていましたので驚きはなかったですが、まず平均球速が1年前の138~142㌔から143~MAX148㌔に伸びていた事に加え、その球速が9回になっても衰えない所にびっくりでしたね。というか、こんなにペース配分上手い投手なんだと初めて知ったのですが、それもそのはず公式戦の先発は確か今季の1戦目が初めてなはずでして・・。それに加え制球力も抜群で内外高低しっかり投げ分け出来るコントロールを持ち、しかもスライダー・フォークのキレも抜群。元々球持ちも非常に良い投手なので、中央打者陣も2回目の対戦にも関わらず球速以上に振り遅れが目立つ選手も多く、それだけ実際にバッターボックスに立つと違う投手なのでしょうね。前はフォームと球筋が素直で球速もそこまでだったので、長打を打たれる事も多かったのですが、球威が増した事でそこも改善と。梅津晃大(4年・仙台育英)が故障時にしていたトレーニングを投手陣もやって球速が伸びたのかなぁなんて推測しますが、ホントに去年とは別人の投手。スポニチ大会準決勝で見た齋藤友貴哉(Honda)と同等の平均球速で制球力も問題ないとなれば、秋のドラフトでもその順位にくるでしょう。勿論、届を出せばの話ですが・・。

そして、その投球を導いたのが3月の練習試合で個人的に不安視していた佐藤都志也(3年・聖光学院)。

この1か月で完全に「捕手」を取り戻していましたし、お見逸れしました・・。元々持っている野球センスは素晴らしいものを持っていますが、この日は統率力・打撃・守備特に問題なかったですね。今年は中川圭太(4年・PL学園)以上に重要人物ではと思っていますが、佐藤が機能すると打順的にもいろんな組み合わせが考えられますし、いろんな起用法も考えられます。そういった意味では彼の成長が今年の東洋を上位に導く鍵になっていくのに違いないでしょう。甲斐野央(4年・東洋大姫路)、梅津とこの4人が上位に導いていくか注目です。

岡崎や佐々木俊輔(1年・帝京)の帝京ルーキーコンビも何年も木製で野球やってますよくらいに順応していましたし、捕手からコンバートした2番小峰聡志(3年・帝京)の強打ぶりや3番竹原祐太(4年・二松学舎大付)の成長ぶりもお見事で、後は中川の復調待ちというとこでしょうか。4年春の笹川晃平(東京ガス)を思い出す内容ではありますが、中川の修正力ならどうにかなるでしょう。杉本監督もホッとした笑顔が印象的でしたが、2戦目に甲斐野が打たれていただけにこの日は継投より、相手が合っていない上茶谷続投の方が良いと判断したのは冷静でしたね。攻撃面が課題でしょうが、御大とはまた野球を展開していきそうで楽しみではあります。

対する中央は敗れたものの、出来る事はやったのではないかと。1戦目に12四死球与えたという話を聞いて「これあかんやつや・・」と思いました。が、2戦目は3つ、この3戦目も1つと修正してきたので、前の中央なら大敗した後ずるずるいっていたかもですが、東洋相手にこれだけやれるなら次戦以降も期待出来るのでは・・。東洋との現状の力の差は明らかではありましたけどね・・。

特に怪我から1年ぶりにマウンドに帰ってきた伊藤。3連投ながらこの日は140~145㌔(MAX147㌔)と好調時に戻ってきていましたし、変化球の制球も良くようやく戻ってきたんだなと。鍬原拓也(巨人)が抜けて一番引っ張らないといけない選手でもありますし、去年投げる事の出来なかった鬱憤をこの1年晴らす事でしょう。現状は社会人かなという印象ですが、ここまで投げられるならこの先の成長も楽しみですね。今年は畠中、喜多川省吾(4年・前橋育英)も連投という事でこの3人を軸に回していくのでしょう。ベンチ入りもしている1年生の台頭も待たれますが、それは秋以降になっていくでしょうか。

打線は相手が相手とはいえ打線が封じ込められたのは課題になるでしょうね・・。本来は中軸の堀内寛人(4年・県岐阜商)が怪我なのかベンチ外で、伊藤同様昨秋は怪我で1試合も出られずだった4番で主将の吉田叡生(4年・佐野日大)や3番牧秀悟(2年・松本第一)を軸にどう巻き返していくか。

面白そうだなと思ったのは途中出場のルーキー・中田悠斗(1年・藤枝明誠)の打撃。昨夏、藤枝明誠を甲子園初出場に導いた4番ですが、甲子園でも一人打ちまくってモノの違いを見せて気になった選手でしたが、実際に見てもファーストストライクから振っていき、上茶谷のボールに振り負けない鋭い打球を飛ばしていたのが印象的でした。試合毎に内容も変わりますし、出たり出なかったりを繰り返すでしょうがその成長が楽しみな選手です。

コメントを残す