東都学生軟式野球春季リーグ戦対文教大2回戦


4月24日 戸田市営球場

8回に逆転劇 連敗止める

▲適時打を放った佐藤玄太(商3)

1勝2敗と負けが先行している中大。4戦目は文教大との二回戦となった。試合は0対2で迎えた六回、二死一、二塁から佐藤玄太(商3)が三塁手を強襲する適時打で1点差に詰め寄ると、八回に一死一、三塁で長谷川賢吾(経3)が右翼手の前に落ちる適時打を放ち同点。さらに「長谷川のヒットでチーム全体が勢いに乗れたので、僕もその勢いに乗って」(佐藤玄太・商3)と続く佐藤が中堅手の頭上を越す2点二塁打で勝ち越しに成功した。投げては先発の早坂が5回2失点と粘投。六回からマウンドに上がった中川も好リリーフをみせて、5対2で文教大を下した。

試合の主導権を握ったのは中大。初回は林康平(経3)が中前打、3回には河野赴(理工2)の内野安打で走者を出すも無得点に終わる。一方の中大先発の早坂は3回まで無四球無失点と安定感のある立ち上がりをみせる。

早坂は四回。先頭をこの日初めての四球で歩かし、二死後この日2本目の安打を許すと、ここから連打を浴び2失点。五回にも死球からピンチを背負った早坂だったが、この回は無失点に抑え、早坂は5回2失点で降板。粘投で試合を作った。

打線は六回。「三回まではいい入りをしたので、今日はいい試合になるかなと思っていた」と岩下監督の予想が的中する。一死から林康平が四球で出塁すると、続く鈴木太郎(経3)も四球を選び、一死一、二塁と得点機を作る。長谷川は一邪飛に倒れるも5番・佐藤が放った強烈な打球は三塁手を強襲する適時打となり、1対2と1点差に詰め寄った。

六回からは1年生の中川大成(商1)がマウンドへ上がる。「緊張はしなかった」という中川はテンポよく投げ、先頭打者に安打を浴びたものの、後続を併殺打に打ち取るなど好リリーフをみせる。

 

▲好投の中川

好投に応えたい打線は八回。鈴木太郎(経3)の適時打で同点に追いつくと、前の打席適時打を放った佐藤が逆転の2点二塁打を放った。1番の河野の死球を足がかりに3連打で一気に試合をひっくり返した。「(8回は)ラッキーなところもありましたけど、1番が死球で出て。(鈴木)太郎のセンター前も。佐藤は長打力があった期待していますし」と岩下監督も満足げに振り返った。

▲生還した長谷川

九回は中川が3人で締め、5対2で勝ち切った。「この一勝はチームにとっても勢いがつく一勝ですし、大きな一勝ですね」と水谷主将。連敗も2で止めた。

 

◆試合結果

中 大=000001040=5

文教大=000200000=2

 記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す