陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会2日目


5月25日 相模原ギオンスタジアム

「挑戦への楽しさ」で竹田100m3位! 中大4継は連覇ならず

 

厳しい暑さの中行われた大会2日目。この日は、100m決勝・1500m決勝・4×100mリレー決勝などの花形種目がおこなわれた。竹田一平(経4)や舟津彰馬(経3)などの注目選手が登場し、白熱した戦いとなった。

▲渾身の走りで3位に入った竹田

100m決勝には、同日の午前中に行われた準決勝を難なく突破した竹田が出場。昨年のインカレでは、桐生祥秀(日本生命)・多田修平(関学大)に次ぐ、3位となった実力者の竹田は、悲願の優勝を目指しスタートラインに立った。関カレに向け、取り組んできた序盤、中盤の加速が功を成し、好スタートを切り順調な走りを見せるも、「(練習を)目をつぶっていた終盤で隙が生まれてしまった」と、相手にわずかな隙を突かれ、3位でフィニッシュ。悔いが残るレースとなった。

▲ハイペースなレースとなった1500m決勝に出場した、舟津(左)と田母神

1500m決勝には、昨年のインカレ王者・舟津と、予選3組を4位通過した田母神一喜(法3)が出場。レースは集団走で進み、田母神は先頭、舟津は後方につけ、仕掛けるタイミングをうかがう。レースが動いたのはラスト1周だった。一気にペースが上がり、集団走が次第にバラけていく。終始先頭に位置していた田母神は渾身の走りを見せ、何とか4位入賞。対する舟津は集団から大きく遅れ、12位に終わった。

▲2走竹田から3走飯塚へのバトンパス

この日最後のレースは、4×100mリレー決勝。中大は、予選でのバトンミスが大きく響き、タイムで拾われる形で何とか決勝進出を決め、予選同様の室谷翔太郎(経3)、竹田、飯塚拓巳(法2)、染谷佳大(法2)の布陣で臨んだ。インカレ五連覇中の王者・中大の走りに注目が集まる中、好スタートを切った1走・室谷だったが、2走・竹田へとつなぐバトンパスでまさかのミス。わずかな乱れから、遅れをとる。3走・飯塚、4走・染谷が懸命な走りを見せるも、最後までその差を詰めることができず5位。絶対王者が優勝、さらには表彰台を逃す形となった。まさかの事態に竹田は「悔しい思いはあるけど、今の結果には違和感はない」と、中大リレー陣の厳しい現状、さらには「単純に走力が足りていないし、バトンパスの質も悪い。大幅な走順変更が必要になる」と、今後の課題も口にした。

しかし「今は(連覇の)プレッシャーよりも挑戦への楽しさの方が強い」(竹田)。9月に控えるインカレで六連覇の偉業を達成するためには、これらの課題を克服しながらも、競技自体を楽しみ、更なるレベルアップを目指すことが大きな鍵となることだろう。

 

◆大会結果◆

100m準決勝

1組 ①竹田 10秒87

 

400m準決勝

2組 ⑥藤堂誉志(経2) 47秒57

 

走幅跳決勝

㉒中村隼士(理工1) 7m17(+2.8)

⑪神戸鴻朗希(経1) 7m53(+4.7)

 

3000mSC予選

1組 ⑪森凪也(経1) 9分25秒9

2組 ⑥萩原璃来(法2) 9分4秒97

⇒萩原は、5/26に行われる決勝進出

 

100m決勝

③竹田 10秒17

 

1500m決勝

④田母神 3分52秒30

⑫舟津 4分0秒39

 

4×100mR決勝

⑤室谷、竹田、飯塚、染谷 39秒54

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す