私の仕事に対する考え方


こんにちは。溜まっていた原稿が一段落したので久々にコラムを書こうと思います。ライターになってから友人や友人の友人から仕事について相談を受けることが度々あります。その時によく言われるのが「好きなことを仕事にできて羨ましい」ということです。確かに今の仕事は楽しいですが、自分では好きなことを仕事にしているという感覚はありません。では、私がどのような感覚で仕事に取り組んでいるのかについて今回は書いていきたいと思います。

まず私の考えとしてあるのは仕事は人生において大半の時間を費やすものということです。私は大学を卒業してから一度、一般企業に就職しました。入社して半年経った時にどんなにプライベートが充実していても仕事が苦痛だと意味ないなということを感じました。その時に自分の人生を費やす価値のあるものは何だろうと考え、たどり着いたのが今の仕事です。今は凄く充実していますが、それは自分で納得して決めた仕事だからだと思います。仕事で悩んでいる方は人生の大半を費やす価値のあるものは何かということを考えてみてはどうでしょうか。

もう一つ、自分の考えとしてあるのは自分の価値を高められるのは何かということです。社会人は労働の対価として賃金を貰います。言ってしまえば貰ったお金がその人の価値になるわけです。そう考えた時により多くの収入を得ようと思えば、自分の商品価値が高くなる仕事をすれば良いのです。私は前職を辞めたいと思った時に自分の価値を高められる仕事は何かということを考えました。そう考えた時にそれまでの人生で周囲から一番認められていたことは学生記者だったという結論に至り、スポーツライターになることにしました。もちろん、経験が浅いので成功する保証はありませんでしたが、「自分が得意だと思うことでダメだったら自分は何をしてもダメだろう」と開き直れたのが良かったのかもしれません。おかげさまで徐々に仕事が増え、なんとかアルバイトをしなくても生活できるようになりました。

働き方改革が叫ばれている現代において自らの働き方を見直そうと思っている方も多いと思います。そんな時に働き方を決める一つの参考になればと思って今回のコラムを書きました。今回のコラムの感想やこんなテーマでコラムを書いてほしいという依頼がありましたら、お気軽に私のTwitterアカウントまでご連絡してくださればと思います。

コメントを残す