バレーボール部・東日本バレーボール大学選手権大会対北海道学園大


6月22日 墨田区総合体育館

 

ストレート勝利で3回戦進出!

 

スタメン(サーブローテーション順)

17WS 都築仁(法2)

16MB 平井海成(総2)

6WS 谷口渉(法4)

9WS 富田将馬(文3)

12MB 水野将司(法3)

11S 牧山祐介(商3)

1Li 柳田貴洋(法4)

21Li 土岐大陽(経2)

 

昨日、産業能率大にストレート勝利を収めた中大は2回戦目で北海道学園大と対戦した。「昨日は入りが悪かったから、アップから全力でいこう」(柳田主将)と昨日の反省を生かして試合に臨んだ。中大が常にリードし、見事ストレートで北海道学園大を下した。

▲点が入り喜ぶ選手たち

「第1セット目から良い雰囲気で入れた」(谷口)。第1セット、序盤から平井のブロック、谷口のスパイクが決まり中大が4連続得点を挙げる。その後も、富田、谷口がスパイクを決め、更に北海道学園大を突き離す中大。終盤、水野のアタックや牧山がサーブで相手を崩すなど、またも中大が連続得点し、最後は鈴木真伍(文3)がスパイクを決め、25-13で第1セットをものにした。

 

第2セット、中大は第1セットとスタメンを大幅に変えて戦った。序盤はシーソーゲームが繰り広げられたものの、6-6の場面から斎藤総人(法3)、中野竜(総2)のスパイクが決まり、4連続得点を挙げると、その後もまた4連続得点を奪い北海道学園大を突き離す。終盤も少しずつ点差を広げていき、最後は第1セット同様鈴木がスパイクを決め25-17で第2セットも中大が奪う。

▲スパイクを放つ梅本

 

第3セットは序盤、シーソーゲームが続いた。しかし、9-7の場面で鈴木がスパイクを決め、その後も水野がブロックを決めるなど、徐々に点差を広げる中大。中盤、北海道学園大に4連続得点を奪われるがすぐに立て直し、最後は5連続得点を挙げ、25-16で第3セットも取りきり、ストレートで勝利した。

▲スパイクを放つ鈴木

 

試合を通して、常にリードを奪っていた中大。3回戦の相手は中央学院大。「連覇が懸かっているというプレッシャーはあるが、意識せず自分たちのプレーをしていきたい」と梅本。良い状態で明日に繋げたい中大は、この勢いのまま中央学院大戦に臨む。

 

◆試合結果

〇中大3-0北海道学園大●

(25-13、25-17、25-16)

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す