バレーボール部・東日本バレーボール大学選手権大会 準決勝対明大


6月23日 墨田区総合体育館

 

フルセットで見せた中大の「半端ない」強さ

 

スタメン(サーブローテーション順)

17WS 都築仁(法2)

18MB 梅本鈴太郎(法2)

6WS 谷口渉(法4)

9WS 富田将馬(文3)

12MB 水野将司(法3)

11S 牧山祐介(商3)

Li 柳田貴洋(法4)

Li 土岐大陽(経2)

 

準々決勝で東海大と2時間に及ぶフルセットの大激戦を制してから、約30分後には再びコートに立った選手たち。準決勝の相手は1試合目に筑波大をストレートで下した明大。勢いに乗る明大相手に「疲労からくる集中力の切れ」(豊田監督)が見え、第1セットを14-25で落とす。豊田監督は控えの選手を積極的に起用し、立て直しを図った。控えの選手らの活躍によりフルセットの接戦を制した中大が決勝戦への切符を手にした。

 

第1セット、センター戦を積極的に使いリズムを作るも、ブレイクポイントが取れない。中盤になると選手たちに疲れが見え始め、徐々に明大ペースへと持っていかれる。中大は富田に代わり中野竜(総2)を、都築に代わり鍬田憲伸(法1)を、谷口に代わり鈴木真伍(文3)を投入。立て直しを図るも、勢いに乗った明大を止められず14-25でこのセットを落とす。

▲常にチームを鼓舞し続けた柳田主将

第2セットは、牧山に代わり山岸隼(法1)を、富田に代わり中野をスタメンで起用。中大が序盤で先に3点のリードを奪う。しかし、中盤で自分たちのミスが目立ち、明大に流れを持っていかれると一気に5点差を付けられた。点差が縮まらないまま19-24とセットポイントを握られる。「このセットは明大か」そんな雰囲気が会場に流れる中、その予想を覆した選手がいた。中野竜だ。「攻めなきゃいけなかったので自分を信じて」と中野の強烈なサーブが決まる。さらにバックアタックを決めるなど、中野のサーブから一挙に6連続得点をあげデュースに持ち込んだ。明大も3枚ブロックをぶち抜く気迫のスパイクで食らいつくも、最後は水野のブロックが決まり、31-29の接戦を制した。「奇跡としか言えない」(梅本)逆転劇を見せ、セットを取り返す。

▲驚異的な勝負強さを見せた中野

2セット目と同じスタメンで入った第3セット。出だしから自分たちのミスが目立つ。さらにアタッカー陣がブロックに捕まり始め、7連続失点を喫する。リズムをつかんだ明大が20-25で2セットを先取する。

 

中大は第4セットを取らなければ敗退という窮地に陥った。それでも、スタメンはベストメンバーではなく、サブメンバーを3人起用。セッターを牧山に戻し、都築、平井海成(総2)、鈴木、中野、梅本、柳田、この7人に中大の勝敗が託された。「先輩を勝たせてあげたい」(梅本)。そんな後輩たちの思いが爆発した。

序盤から中大のサーブミスが続き思うようなリズムが作れない。ここで豊田監督は「サーブが入る選手を使った方がいい」と考え、都築に代わり鍬田を投入。ここまで均衡したシーソーゲームとなるも、10-10の場面で中野が2連続でブロックされるとわずかにリードを許す。しかし、鍬田の3枚ブロックを吹き飛ばすスパイクが決まり、中野のブロックでブレイクに成功。一気に5連続得点をあげ逆転する。「思い切ってやれ」という柳田主将の声掛け通り、中野の思い切りのいいスパイクが止まらない。24-22とセットポイントを握ると、最後は相手のサーブがアウトになり、最終セットへと繋いだ。

▲力強いガッツポーズを決める梅本

勝負の最終セット。都築に代わり鍬田が入った以外は4セット目と同じスタメン。「5セット目は正直雰囲気がいい方が勝てる」と言う平井がチームを盛り立てる。出だしから中野、鍬田のスパイクで5-3とリードする。さらに相手のミスに助けられると4連続得点で9-5。そして終盤、平井のブロックが決まると今日一番のガッツポーズが飛び出した。最後は中野がブロックで仕留め、ゲームセット。全員バレーで明日の決勝の切符を手にした。

▲喜びを爆発させる柳田主将

「全員がMVP」(谷口)。中大が掲げる「誰が出ても勝てるチーム」が体現された試合だった。中大はこの日、2試合連続フルセットで合計10セットを戦い抜いた。疲労もあるだろうが、それ以上に苦しい戦いを全員で乗り越えた中大の雰囲気は最高潮に達している。

決勝の相手は昨年の秋リーグから負けなしの早大。その早大が最後に負けたのが昨年の東日本インカレの中大との試合だった。「それをもう1回実現させたい」(富田)。

中大は連覇が懸かかっているが、「気負わずに1セット1セット頑張って行きたい」(谷口)と意気込んだ。早大が連勝記録を伸ばすのか、はたまた中大が連覇を達成するのか、注目の一戦から目が離せない。

 

◆試合結果

〇中大3-2明大●

(14-25、31-29、20-25、25-22、15-10)

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す