レスリング部・東日本学生レスリング春季新人選手権大会


6月27、28日 駒沢体育館

 グレコ、フリー両スタイルで八木が表彰台へ! インカレに向け勢いつける

 

1、2年生が出場する新人戦。井上諒汰(法2)はグレコローマンスタイル97㌔級で準優勝、武藤翔吾(法1)はフリースタイル125㌔級で優勝するなど中大勢が躍動した。特に八木海里(理工2)はグレコ82㌔級で優勝、フリー86㌔級で準優勝を果たして存在感を示した。

▲グレコで相手と組む八木

1日目に行われたグレコローマンスタイル82㌔級で八木は、準決勝からの出場となった。専門外のスタイルではあるが、落ちついて技を繰り出し8-0で勝利。

続く決勝戦では、前半に4点のリードを許してしまう。しかし八木は「0-4にされて吹っ切れた。思い切っていけた」と、後半に横捨て身を決めて相手のポイントに追い付く。さらにローリングをかけてポイントを追加し、8-4で逆転勝ちを収めた。また、グレコでは敢闘賞も受賞。出場をやめようと考えていた種目での活躍に、八木は「優勝すると思っていなかった」と自身も驚きつつ笑顔を見せた。

2日目にはフリースタイル86㌔級が行われた。八木は2試合連続でフォール勝ちを決め、圧倒的な強さを見せつけて順調に決勝戦へ進む。相手は4月に行われたジュニアオリンピックでテクニカルフォール負けを喫した山田(山梨学大)。スキを見せない強敵の山田に対し、八木は場外際の攻防で今までの試合のように動くことができず、失点を重ねてしまう。後半2点を取り返して粘りを見せるも、点差は縮まることなく試合終了。リベンジを果たすことはできなかった。

しかし完敗だった前回の山田との試合と比べると、確実に力をつけてきている八木。今回の2-6での敗戦となった結果について、「負けてしまったけどポジティブにとらえている。自信になった」と振り返った。

 

▲表彰式後に笑顔を見せる八木

7月中旬にはインドで行われるアジア・ジュニア選手権への出場を控えている。「自分のレスリングで攻めて勝ちたい」と、メダル獲得を目標に掲げた。海外での試合経験を糧に、8月のインカレで八木がさらなる成長を見せてくれることに期待したい。

 

◆大会結果◆

グレコローマンスタイル

60㌔級 1回戦

●時田隆成(商1)0-8清水(拓大)〇

〇江田健二郎(文2)7-1桝本(日体大)●

〇椎葉桂己(法2)8-0今井(神奈川大)●

2回戦

●江田1-9服部(山梨学大)〇

●椎葉4-8田下(東洋大)〇

 

67㌔級 1回戦

〇山慶次郎(文1)6-1河合(国士大)●

〇佐藤佑之介(経2)9-0岩崎(明大)●

2回戦

〇石田稔貴(経2)4-1佐々木(日体大)●

〇山6-1坂本(山梨学大)●

●佐藤0-8鏡(法大)〇

3回戦

〇石田5-2西川(専大)●

●山1-4佐久田(日体大)〇

準決勝

●石田0-11中村(専大)〇
→3位入賞!

 

72㌔級 1回戦

〇伊藤朱里(法1)8-0庄司(東北学大) ●

●宮川哲也(文2)0-9小野(国士大)〇

2回戦

〇伊藤8-0小田(法大)●

3回戦

●伊藤1-9北篠(神奈川大)〇

 

82㌔級 1回戦

●安齋勇馬(文1)2-3今野(拓大)〇

準決勝

〇八木海里(理工2)8-0今野(拓大)●

●池田貫太郎(商1)0-10井筒(拓大)〇
→3位入賞!

決勝

〇八木8-4井筒(拓大)●→優勝!

 

97㌔級 2回戦

〇井上諒汰(法2)4-0齋藤(東洋大)●

〇山中彬(経2)3-0田岡(神奈川大)●

3回戦

〇井上5-0生形(日大)●

●山中0-6アビッド(日体大)〇

準決勝

〇井上10-4アビッド(日体大)●

決勝

●井上 不戦敗 仲里(日体大)〇
→準優勝

 

130㌔級 1回戦

●武藤翔吾(法1)0-2鈴木(拓大)〇

 

フリースタイル

57㌔級 2回戦

●時田0-9松尾(明大)〇

 

61㌔級 2回戦

●江田 不戦敗 杉内(国士大)〇

〇椎葉 不戦勝 小柴(日体大)●

3回戦

●椎葉0-10大城(国士大)〇

 

65㌔級 1回戦

〇山10-0鈴木(山梨学大)●

2回戦

〇石田10-0加藤(神奈川大)●

〇佐藤10-0小松(東北学大) ●

●山0-10谷山(拓大)

3回戦

●石田0-4齋藤(明大)〇

〇佐藤11-0小桝(東洋大)●

4回戦

●佐藤2-8安楽(早大)〇

 

70㌔級 1回戦

〇宮川 不戦勝 七尾(大東大)●

2回戦

〇伊藤3-1長島(拓大)●

●宮川0-8志賀(拓大)〇

3回戦

〇伊藤5-4佐藤(山梨学大)●

準決勝

●伊藤2-6坂野(日大)〇
→3位入賞!

 

79㌔級 1回戦

〇安齋10-0大久保(国際武道大)●

2回戦

●安齋-井筒(拓大)〇
※フォール負け

●池田0-8古川(日大)〇

 

86㌔級 2回戦

〇八木4-0土橋(明大)●

準決勝

〇八木8-0大岩(法大)●

決勝

●八木2-8山田(山梨学大)〇
→準優勝!

 

97㌔級 1回戦

●井上 両者棄権 仲里(日体大)●

〇山中12-0田岡(神奈川大)●

2回戦

●山中0-10アビッド(日体大)〇

 

125㌔級 2回戦

〇武藤10-0谷内(国士大)●

準決勝

〇武藤10-0津國(日本ウェルネス大)●

決勝

〇武藤4-2鈴木(拓大)●→優勝!

 

個人賞

敢闘賞 男子グレコローマン=八木

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

 

コメントを残す