卓球部・秋季関東学生卓球リーグ戦 対日大、筑波大


9月14日 所沢市民体育館

厳しい船出…今こそ試されるチーム力

 


▲日大戦落とした一ノ瀬拓巳主将(法3)。「残りはエースとして全部勝つ」と明日以降へ臨む

関東学生秋季リーグ戦が開幕した。開幕戦を勝って勢いをつけたかったが、1、2番手が連続でフルセットの接戦を落とし苦しい展開。柏友貴(法1)が踏ん張り勝利をあげるもその後は日大に圧倒された。続く筑波大戦では勝利を挙げたが開幕日から厳しい現実を突きつけられた。


▲今日2勝の柏。明日以降にさらなる活躍が期待される

開幕戦のトップバッターは伊丹雄飛(法2)。相手は1年春のリーグ戦と今年の関東学生で負けた日大の福田。苦手意識のある相手にフルセットまで持ち込む。しかし、9ー5とリードしながら最後は、「強気にいけなかった」と逆転負け。続く一ノ瀬主将も2ー2で迎えた最終ゲーム。7ー3と優位の状況も、相手のタイムアウト以降流れは傾き、10ー12で落とした。この2連敗に「1、2番にぶつけた。それで負けて、負け方も精神的に最悪な状況」(白神監督)。しかし、その中で柏がストレート勝ち。嫌な流れを止めたかに思いきや、ダブルスではリーグ戦初出場の高橋拓己(文4)・高橋徹(文3)の関東学生準Vペアが0ー3、5番手弓取眞貴(文2)も本来の状態からは程遠く敗れた。1ー4で黒星スタートとなった。


▲ストレートで勝利した一ノ瀬主将・弓取組

嫌な雰囲気が漂う中、この日の2戦目はインカレで中大の前に2年連続準々決勝で立ちはだかった筑波大。1番手の一ノ瀬主将が坪井とのエース対決に挑んだ。1ー1で迎えた第3ゲーム以降、「それまでいろいろやりすぎた。シンプルな攻めに戦術変更したのが良かった」と主導権を握った。2ゲーム連取し3ー1で勝利をもぎとった。吉田俊暢(文1)が敗れると3番手には伊丹。「前の試合入れてミスして負けたので、振っていってのミスならいい」と切り替えて臨んだ試合。1ゲームは奪われたものの終始圧倒した。2ー1でダブルスに。

そして、ダブルスは一ノ瀬主将・弓取組が春季リーグ戦対専大戦以来の出場。「いつでも出れる準備はしていた」(一ノ瀬主将)。春の頃には、無かった細かい戦術の幅も増え、今年の東京選手権優勝ペアを破った。5番手弓取は苦しみながらも1ゲームを奪う意地を見せた。3ー2となり、今日唯一初戦で白星を挙げている柏。「課題としているレシーブの展開で練習の成果が出せた」とストレートで完勝。筑波大には勝利し、この日を1勝1敗で終えた。


▲復帰間もない弓取。苦しい試合が続くが監督も起用を明言した

「チームとしてのまとまりがない」(白神監督)。現状として弓取の状態は監督から見ても良いときの「半分もない」と言う。それでも単複共に出場するしかない状況。「練習を再開したのは1カ月前」(弓取)と言い、今日のような公式戦は久しぶりだ。そのため勝負勘が戻っておらず、2敗し苦しんでいる。弓取に頼らざるを得ない厳しい事情にあるがそれを全員の力でカバーしたい。苦しいときこそ、チーム一丸となり乗り越えていきたいところだ。「みんなが調子いいわけではないので、一試合一試合大事に戦っていきたい」(伊丹)。あと、リーグ戦はまだ5戦を残す。少しでも次につながるリーグ戦にしたい。

◆試合結果

●中大1ー4日大○
▼詳細結果
●伊丹2ー3福田○
●一ノ瀬主将2ー3周○
○柏3ー0田口●
●高橋拓・高橋徹組0ー3南谷・藤田組○
●弓取0ー3南谷○

○中大4ー2筑波大●
▼詳細結果
○一ノ瀬主将3ー1坪井●
●吉田俊1ー3熊本○
○伊丹3ー1田中●
○一ノ瀬主将・弓取組3ー0坪井・梅崎組●
●弓取1ー3梅崎○
○柏3ー0村田●

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す