バスケットボール部・関東大学バスケットボールリーグ戦 対青学大①


9月12日 筑波大学中央体育館

自分たちのミスに泣き、悔しい4敗目

 

ここまで2勝3敗で迎えたリーグ6戦目。勝利し、勝敗をタイにしていきたいところだ。前半は、相手の小さいミスも見逃さず得点を重ねた。しかし、後半は自分たちのミスから相手にシュートを決められることも多く、49-62で悔しい4敗目を喫した。

スターター

#13中村功平(総4)、#14久岡幸太郎主将(商4)、#28鶴巻啓太(法4)、#71沼倉壮輝(経3)、#86青木亮(文2)

味方からのパスを繋ぎゴールを決める#86青木

第1ピリオドでは、正確にフリースローを決めるなど得点を1点1点取りにいった。また、相手の小さいミスも見逃さず、得点を重ねた。相手はスリーポイントシュートが目立ち、13―11と僅差ながら中大がリード。第2ピリオドでは、相手の高いディフェンスと強いガードに阻まれ、なかなか中大らしい走って戦うプレーが出来なかった。それでも、何とか食らいつき第2ピリオドを終え23―24で1点を追いかける展開となった。

シュートを決める#28鶴巻

第3ピリオドでは、青学大のペースに徐々になっていく。また、自分たちのミスも目立ち始める。相手はそのミスを見逃さず得点を重ねた。第3ピリオドを終えて33―46。点差が13点と前半と違い相手に突き放されてしまう。巻き返しを図りたい中大であったが、第4ピリオドも青学大ペースは変わらなかった。その中でも#28鶴巻は第4ピリオドだけで7得点と中大も粘りをみせた。しかし、その粘りも13点差をひっくり返せず49―62で敗北した。

 

次戦の相手は日大だ。「明日は明日で切り替えて今日の負けを引きずらないようにして勝ちに行きたい」(#86青木)。気持ちを切り替えて明日の日大戦に臨み、勝利を掴んでほしい。

◆試合結果

●中大49(13-11、10-13、10-22、16-16)62青学大〇

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

 

コメントを残す