硬式庭球部・関東大学テニスリーグ第5戦対明大


9月16日 慶大日吉キャンパス蝮谷テニスコート

明大相手に快勝! 4位でリーグ終える

▲試合後の集合写真

1勝3敗で迎えたリーグ最終戦。相手は同じく1勝3敗の明大だった。中大はダブルスで2-1でリードすると、シングルスは6戦全勝と快勝。8-1のスコアで明大に勝利し、4位で今年度のリーグを終えた。

▲第1ダブルスの宇佐美(右)・望月組は試合終了後、笑顔でお互いの健闘を称えあった

「一番の要」(田中凛主将・商3)であるダブルス陣が奮闘した。第1ダブルスの宇佐美皓一(経4)・望月勇希(法3)組は6-3、6-4のストレート勝ちを収める。4年生として唯一ダブルスに出場した宇佐美。「最後だから思い切りやろう」という気持ちが好プレーを引き出した。「4年生も最後ということで、宇佐美さんに勝利を与えられて本当に良かった」と望月もダブルスの1勝を喜んだ。

第3ダブルスの小峰良太(文3)・杉山和誠(文3)組は1セット目、「少し手こずった感じはあった」(杉山)ものの6-4で取り切る。流れに乗った2セット目は6-2で圧倒。ストレート勝ちを収めた。

第2ダブルスの清水一輝(商1)・星木昇(法1)組は粘りを見せるも及ばず。4-6、2-6のストレート負けを喫した。

▲中大の勝利を決めた瞬間、田中主将は天を仰いだ

ダブルスでは2-1とリードした中大。シングルスでもその勢いが止まることは無かった。第3シングルスの清水が6-0、6-2のストレート勝ちを収めると、第5シングルスの宇佐美も6-1、6-2で勝利。中大の勝利を決めたのは、第2シングルスの田中主将だった。第1セットこそ2-6で落とすものの、続く第2セットを6-4、第3セットを6-2で制し、逆転勝利を収めた。貴重な勝利に対し「主将としてチームに一勝貢献できた」と田中主将。「勝ったときは良かったというか、ホッとした」と安堵の色をにじませた。

▲「何とか勝つことができたので良かった」と斎藤は試合を振り返る

その後も第6シングルスの斉藤和哉(法4)がフルセットにもつれる試合を6-4、6(3)-7、6-3で制し、「今日は絶対負けない」と臨んだ第1シングルスの望月も6-1、6-1のストレート勝ちで圧倒した。第4シングルスの杉山は蓮見と対戦。対戦相手の蓮見について「しぶとい相手」と評する杉山。ボールをよく拾う相手に対し、「どう崩すか」を考え「自分から積極的にプレー」を試みた。作戦が功を奏し7-5、6-4のストレート勝ち。「チーム全体で僕のことを応援してくた」と、次期主将が周囲に感謝しながら来年につながる勝利をもたらした。

▲雄叫びをあげる杉山

8勝1敗と明大相手に圧勝した中大。リーグ順位は4位となり、入替戦こそ免れたものの王座出場には手が届かなかった。主力として活躍する4年生が抜けるが、そこに不安は無い。「部員間は結構仲が良くて、みんな性格がいい」と杉山。「僕一人で引っ張るというより、チーム全体で引っ張っていく」(杉山)とチーム力に期待した。エースの望月も「俺らの代が王座に連れてくよ。見とけ」と気合は十分だ。王座出場に向け、硬式庭球部は新たなスタートを切った。

◆試合結果◆

▼ダブルス

D1◯宇佐美・望月 2-0 合戸・安増●

(6-3、6-4)

D2●清水・星木 0-2 本城・池添◯

(4-6、2-6)

D3◯小峰・杉山 2-0 森・北岡●

(6-4、6-2)

▼シングルス

S1◯望月 2―0 中村●

(6-1、6-1)

S2◯田中主将 2-1 蓮見●

(2-6、6-4、6-2)

S3◯清水 2-0 本城●

(6-0、6-2)

S4◯杉山 2-0 市川●

(7-5、6-4)

S5◯宇佐美 2-0 池添●

(6-1、6-2)

S6◯斎藤 2-1 田中●

(6-4、6(3)-7、6-3)

▼大会結果

➀早大

➁慶大

➂法大

➍中大

➄明大

➅亜大

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す