バスケットボール部・関東大学バスケットボールリーグ戦 東海大①


9月19日 とどろきアリーナ

後半、相手に流れを持っていかれ逆転負け

9月のリーグ戦も残り5試合となり、9月の試合終盤に差し掛かる。中大は、東海大と対戦。ここで勝利し、順位も上げていきたいところでもあったが、後半に相手に流れを持っていかれ逆転負けを喫した。

 

スターター

 

#2大﨑翔太(総3)、#13中村功平(総4)、#14久岡幸太郎主将(商4)、#28鶴巻啓太(法4)、#86青木亮(文2)

▲シュートを決める#13中村

序盤は、中大ペースだった。開始早々シュートを決めるなど良い展開で試合を進めていった。第1ピリオド終了前にはスリーポイントシュートが3本決まるなどで25-21でリードする。第2ピリオドでもその勢いは続いた。1本1本シュートを決め37-33と点差を少し縮められて前半を終了した。

チームを引っ張る久岡主将

前半の調子で後半もそのまま行きたいところだった。しかし、第3ピリオドだけで相手に27得点取られ、一気に相手側に流れが傾いてしまう。「相手にリバウンドを取られてしまい、そこからいいように点を取られてしまい、流れを持っていかれてしまった」(#28鶴巻)。第4ピリオドでは、第3ピリオドでついてしまった点差をひっくり返そうとしたが、相手への流れを引き戻すことはできず、64-75で敗北した。

次戦は、白鴎大である。留学生がいるチームだが、中大らしいプレーで勝利してほしい。

◆試合結果

●中大64(25-21、12-12、12-27、15-15)75東海大〇

記事・写真「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す