あなたは気付いた? 錦織圭のネックレス


フランス・メスのモゼールOPが終了し、錦織圭が母国日本へと帰還した。錦織は次週1日月曜日から楽天ジャパンオープン(ATP500、ハード)に出場予定である。

ところで、モゼールOPでの錦織の試合を見た人は気付いたかもしれないが、大会中、首に何やらネックレスを身に着けていた。錦織ファンが目にした初めての光景である。

ネックレスはよく見ると、トンボのような形をしていた。これは何か意味があるのだろうか?実はトンボは「勝ち虫」と呼ばれ、とても縁起のいい虫であるという。トンボは空中を飛ぶが、後ろに飛ぶことはできず、前にしか飛ぶことができないため、信念を持ち、何事にも屈しない、「前進」を表す虫なのだ。

これを意味していることを知って身に着けていたと思われたが、錦織本人は「知らなかった」と、いつもの天然ぶりを発揮。結果的には惜しくも決勝進出はならなかったが、これからも試合中にトンボを味方につけて臨むのだろうか。まもなく楽天ジャパンオープンを開幕するが、ネックレスに注目してみたいところでもある。

今年度は、サーブ時のルーティン、試合中の青いノートなど、いろいろな変化をつけて勝ちを呼び込む姿勢を見せてきた錦織だが、このトンボでどのような方向に転がっていくのか、じっくり見守っていきたいところではある。

コメントを残す