バスケットボール部・関東大学バスケットボールリーグ戦 対大東大①


9月23日 水戸市総合運動公園体育館

相手を攻略しきれず敗戦

現在秋季リーグ戦1位の大東大と対戦した。序盤から流れをつかみきれず、中大らしい試合展開にはなかなか持っていけなかった。試合は56-72で敗戦した。

 

スターター

#13中村功平(総4)、#14久岡幸太郎主将(商4)、#28鶴巻啓太(法4)、#71沼倉壮輝(経3)、#86青木亮(文2)

▲#0肥後将俊(経4)

第1ピリオドから相手の流れを持っていかれなかなか得点を重ねられなかった。第2ピリオドでは接戦を繰り広げ、第2ピリオドだけで見ると17-18と一点を追いかける展開となった。前半を終え、30-36。まだまだ逆転の可能性も残し後半での巻き返しを図った。

▲#28鶴巻啓太(法4)

逆転を狙う中大は第3ピリオドから勢いに乗りたいところであった。しかし、第3ピリオドでは6得点となかなか得点を決められずペースも相手ペースになってしまう。第4ピリオドでは20得点と粘りを見せた。だが、相手も得点を着々と重ね、結果は56-72で敗戦。前回の試合で白鷗大に勝利しただけに波に乗って連勝といきたいところであったが中大ペースにもっていけなかった。

次戦は、春にトーナメント戦決勝で対戦した筑波大である。ここから勢いにのって勝利し、優勝に一歩一歩近づいてもらいたい。

 

◆試合結果

●中大56(13-19、17-18、6-20、20-15)72大東大〇

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す