準硬式野球部・東都大学秋季リーグ戦対東洋大2回戦


10月2日 八王子市民球場

延長戦制した土居の一打

前日の1回戦では延長11回の末勝負が決まらず今季初の引き分け。この日も3-3の同点からあと1本が出ずまたしても延長戦にもつれ込んだが、11回に土居凌太郎(法2)が適時二塁打を放ち試合を決めた。

1回裏、先頭が四球で出塁し好機を作ると長島僚平(商4)の適時打でテンポよく先制点を挙げる。だが、その後は安打に恵まれず、守備でも前日から連投の大澤魁生(商2)が奮闘するも、なかなか3人で抑えることはできず守備から流れが作れない。そんな停滞した状況の中、4回は大量失点の大ピンチ。2死までは順調に打ち取るも、あと一人のところでこの日2本目の安打を許してしまう。そこから盗塁、四球、適時打と続き最後は相手の適時二塁打で3点を返された。

取り返したい中大は5回裏、森康太朗(法1)の安打と犠打から岩元奎太(文2)の適時打で1点を返す。7回裏、再び岩元の適時打で3-3の同点に並ぶと、そこからは両者一歩も譲らない展開に。

 

▲2本の適時打を放った岩元

選手の交代や代走などでメンバーを入れ替え積極的にチャンスを狙うも、9回では決着が付かずそのまま試合は延長戦に。台風一過の快晴の中、お互い疲れが見え始めるも、大澤が粘りの投球で相手を抑える。それに応えたい打線は11回、1死二塁のチャンスで代打に土居を起用。「誰よりもベンチで声を出して、一番努力している。打ってくれると思った」と監督の予想通り、3球目のスライダーを左中間に運び、試合を決める適時二塁打とした。リーグ戦デビューを決勝打で飾った土居は、「率直に勝ったことがうれしい。大澤が昨日に引き続き頑張っていたので、自分が試合を決めてやろうと思ったので打てて良かった」と喜びを口にした。

 

▲適時打を放った土居
▲試合が決まり喜ぶ選手たち

難しい試合を乗り切ったものの、まだ勝ち点を取ったわけではない。リーグ後半戦では中大と並んで全勝中の日大との対決が待っている。リーグ優勝を果たし、社会人も参加する11月の関東王座の出場権を手にするためにも、次の3戦目で確実に勝ち点を取りたい。

◆試合結果
123 456 789 1011=計
東洋大 000 300 000 00=3
中 大 100 010 100 01=4

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す