軟式野球部・東都学生軟式野球秋季リーグ戦対文教大①


10月3日 上柚木公園野球場

7回に4得点! 文教大に逆転勝利

 

開幕戦を白星で飾った中大は2戦目で文教大と対戦した。試合は中大が2回、小笠原春樹(文2)の適時打で先制する。しかし、中大先発の中川大成(商1)が6回に同点に追いつかれると、7回には勝ち越しの右中間適時三塁打を浴びた。それでも中大は直後のその裏、連続押し出しで追いつくと、なおも二死満塁から長谷川賢吾(経3)が殊勲の右前2点打を放ち、再び勝ち越した。投手陣も中川が7回3失点と粘投すると、8回からは早坂倖太(経3)がリリーフし、リードを守り抜いた。中大は5-3で文教大に勝利し、2連勝とした。

▲決勝打を放った長谷川

打線は2回、一死から水谷紘輝主将(商3)が四球を選ぶと、中川の三ゴロの間に二進すると続く小笠原の打席で相手投手が暴投。一死三塁と絶好の好機を迎えると、小笠原が適時打を放つ。「前の試合で僕以外はヒット打っていたので今日はなんとか打とうと思っていました。一本出てホッとしました」(小笠原)。中大が先制に成功した。

▲先制打を放った小笠原

中大の先発は中川。走者を出しながらも5回まではなんとか文教大を0点に抑えていたが6回、先頭を四球を許すと、続く打者の犠打を捕手・水谷主将が一塁へ悪送球。無死一、二塁とピンチが広がる。続く打者を浅い中飛に抑え、4番・林(文教大)を迎え、林の打球は遊撃への平凡のゴロ。併殺でチェンジかと思われたが、ここで二塁手・鈴木太郎(経3)の送球が逸れ、一塁はセーフとなり、二塁走者の生還を許してしまった。守備の乱れが重なり、試合は振り出しとなる。

さらに中川は7回、先頭に安打を許した後、続く打者の投手前への犠打を捕球するも、今度は中川が一塁へ悪送球。中川は悪い流れを断ち切れず、その後勝ち越しの適時三塁打を浴び、1-3と2点を追う展開となる。

追加点が欲しい中大だが、盗塁死などで好機をつぶす展開。ちくはぐな攻撃が目立った中で7回、中大が集中力をみせる。安打と2つの四球で一死満塁の好機を作る。林康平(経3)が三ゴロに倒れるも、続く佐藤玄太(商3)、鈴木がしっかり四球を選び、連続押し出し。3-3の同点に追いつく。

さらに好機は続き、二死満塁から長谷川が高めの球を右前へはじき返した。「1打席目でチャンスを潰していて、みんなで同点にしてくれた。どんどん振っていこうという結果がタイムリーになってよかったです」(長谷川)。長谷川の殊勲打で中大が勝ち越した。

▲本塁へ滑り込む佐藤

8回からは二番手の早坂がマウンドへ。9回には二死満塁のピンチを招くも。後続を遊ゴロに抑え、5-3でゲームセット。「(逆転されたあとに)逆転できたのはうちの強みだと思う。ピッチャーに助けられ部分もあったけど、取り返すぞっていうチームの雰囲気があったのがよかった」と水谷主将は逆転勝利を振り返った。文教大に勝利した中大は2連勝とした。ただ、走塁死や失策が重なるなど攻守にミスも目立ったこの試合。「勝てたのはよかったけど、内容がね。チームとしてもっと内容を求めたい」(鈴木)と課題の残った試合だった。

◆試合結果

文教大=000001200=3

中 大=01000040X=5 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す