錦織 楽天OP4強! 格の違い見せた


 

錦織圭が楽天・ジャパンオープンの準々決勝に登場。ギリシャのステファノス・チチパスにセットカウント2-0のストレートで勝利した。

今日の錦織は完璧に近いテニスをしていた。ファーストサービスも確率よく決まっていく。ストローク戦ではチチパスを左右に揺さぶり、体力を消耗させた。第6ゲームではブレークバックに遭いながらも、第1セットから錦織は3つのブレークを奪い、ゲームカウント6-3でチチパスに自分のテニスをさせていなかった。

続く第2セット、錦織の勢いは止まらない。第1ゲームをキープし、第2ゲームでは早速ブレークに成功する。第3ゲームもきっちりキープし、迎えた第4ゲーム、錦織がスーパープレーを見せる。相手の高く打った打球を錦織が廃ボレー、返されたところをドロップショットでネット前に落とした。パフォーマンスでも会場を魅了した錦織は、リターンゲームでも圧倒し、マッチポイントもフォアハンドのウィナーで締めくくった。この試合はまさに、チチパスとの格の違いを見せつけた試合であった。

これで錦織はここまでの3試合、1セットも落とさずにストレート勝利で勝ち上がっている。この試合後、錦織は「強気のプレーで、いいテニスができた」と振り返った。勝った錦織はベスト4進出。リシャール・ガスケとケビンアンダーソンの試合の勝者と、6日土曜日に対戦する。今日のような「いいテニス」で観客を魅了し、決勝進出なるか、4年ぶりの楽天制覇へ負けられない一戦となる。

※写真

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00351744-nksports-spo

日刊スポーツ

 

コメントを残す