ハンドボール部・4年生特集(最終回)


◆新企画~4年生特集~◆

今年度の春リーグから開始した新企画の4年生特集。最終回は、リーグ戦期間に収まり切らなかった北詰明未(商4)、森田啓仁(法4)、三浦亮(商4)の3選手の特集をお届けします!

 

 ①北詰明未(商4)

▲中大の絶対的エース北詰。秋リーグはけがで2試合の出場にとどまったが、インカレでの活躍に期待がかかる

 

——ハンドボールを始めたきっかけを教えてください。

北詰「中学の時に友達に誘われて始めました。中学生の時は身長が150㌢ちょいくらいしかなかったので、今とだいぶプレースタイルも違いますね。身長が伸びてからは自分からシュートを打つようになりました」

 

——今までのハンドボール生活の中で出会った恩師はいますか。

「今までハンドボールを教えてくださった全ての方々が自分にとって恩師です。中高では本当にハンドボールの基礎を教わって、それが今生きていると思います」

 

——同期について教えてください。

「個性がみんな強いです。前は私生活でもよくけんかもしました(笑い)。でも、全員がハンドボールに対して熱い思いを持っていると思います」

 

——北詰選手にとってハンドボールとは何ですか。

「言葉では言い表せませんね。ハンドボールがあるから今の自分があるのだと思っています」

 

 

②森田啓仁(法4)

▲森田自身はこの言葉を「小さな練習の積み重ねが、大舞台で結果を出すことにつながる」と捉えているそうだ

 

——ハンドボールを始めたきっかけを教えてください。

森田「小学校3年生の時、ハンドボールの経験者だった担任の先生に声をかけられて始めました。始めは先生がいるからやってみよう、という感じでした」

 

——ハンドボールの魅力を教えてください。

「一番はチームプレーですかね。ハンドボールは個人技だけだと守れないし、攻めることもできないスポーツなので。あと、ハンドボールはキーパーを惑わすために手首をよく使ってプレーするので、キーパーとの駆け引きが面白いですね」

 

——森田選手の強みは何ですか。

「自分はサイドの中でもコントロールには自信があります。いつもはとにかく走って、マイボールになった瞬間点を取ろうという気持ちでやっています」

 

 

③三浦亮(商4)

▲大学での1番の思い出は2年前のインカレ。「今年はベスト4以上を」と意気込む

 

——ハンドボールを始めたきっかけを教えてください。

三浦「小学校5年生の時、週1回ハンドボール教室があってそれを友達に誘われたのがきっかけです」

 

——ハンドボールの魅力を教えてください。

「走る、投げる、跳ぶという要素が全部含まれているところです。自分はループシュートが好きです」

 

——同期はどのような存在ですか。

「クセが強くてバカなやつが多いですね。その中で一番優秀なのが自分だと思います(笑い)」

 

——大学で一番の思い出は何ですか。

「2年の時のインカレベスト4です。偉大な杉岡さんが活躍していて尊敬しました」

 

今回で4年生特集は終了となります。取材に応じてくださった選手の皆様、ご協力ありがとうございました。最後のインカレまであと1カ月。4年生の最後の勇姿にご注目とご期待をお願いいたします。

 

▲最後の秋リーグを終え、笑顔を見せる4年生

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す