準硬式野球部・東都大学秋季リーグ戦対東海大2回戦


10月7日 上柚木球場

打線快調!勝ち点もぎ取る

 

リーグ戦も終盤に差し掛かり、残すはあと3戦となった。今回の相手は1回戦で12-7と快勝した東海大。中大は1回から一点を先制すると、その後も着実に点を重ねていき、東海大を突き放す。また、先発した林部庄吾(商1)も好投をみせ、最後まで粘りの投球をみせた。チームは6-2と勝利を収め、東海大から勝ち点を奪い取った。

1回、先発林部は一人を塁に出すも、後続を抑え上々の立ち上がりをみせる。一方の打線はその裏、二死の場面から三番端岡陸(法3)が遊安打で出塁すると、続く長島僚平(商4)の打席で捕逸の間に端岡が盗塁に成功。そして、長島が中前適時打を放つと一点を先制する。2回、先頭山本優輝(文2)が中前打で塁に出ると、投犠打、右前安打などで着実に一点を追加した。しかし、4回表東海大の先頭打者を四球で塁に出すと、後続に二本の安打を打たれ、一点を返されてしまう。2-1と一点のリードで5回を終える。

▲好調みせた山本

追加点が欲しい6回、この日既に二本の安打を打っていた山本が三本目となる右中間三塁適時打を放ち、一点を追加。流れに乗った中大はその後も打線を繋げ、点差を広げていく。最後は林部が集中力を切らさず、粘りの投球をみせ6-2で勝利した。

▲最後まで投げ切った林部

今試合、林部や山本など下級生の活躍が光った。「練習の成果が出てほっとしている」(山本)。下級生も上々に力を付け、チームの要になりつつある。現在中大は日大に勝ち点で負けているため2位につけている。日大に追いつくためにも次の東洋大との三回戦は絶対に負けられない。そして、日大との直接対決を全力で勝ちにいく。

◆試合結果
123 456 789 =計
東海大 000 100 001 =2
中 大 110 001 21×  =6

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す