準硬式野球部・東都大学秋季リーグ戦対日大戦3回戦



10月19日 八王子市民球場

無念の敗退。リーグ優勝逃す

リーグ戦もいよいよ最終戦を迎えた。相手はここまで1勝1敗の日大で勝てば優勝が決まる大事な一戦。中大は初回に長島僚平(商4)の本塁打で幸先よく2点を先制するも、先発の大澤魁生(商2)が制球に苦しみ3回を1失点で降板すると続く小澤巧平(商3)、林部庄吾(商1)らリリーフ陣が踏ん張りきれず大量失点。打線も2回からは沈黙し2ー9で敗れリーグ優勝を逃した。

中大は初回、4番長島が左翼に2点本塁打を放ち幸先よく2点を先制する。一方「いつもの調子ではなかった」(池田監督)と先発の大澤はここ3試合連続先発のため疲労がみられ制球がさだまらない。それでも3回を1失点に抑え小澤と交代する。なんとか抑えたいところだったが怪我あけということもあり毎回得点圏にランナーを背負う厳しい展開に。そして6回には痛恨の3点本塁打を許し勝ち越されてしまう。

▲先発した大澤

打線は長島の本塁打で活気ずくと思われたが2回以降は完全につながりを欠いた。5回に1死から9番大畑幸平(文4)が中前打で出塁し、犠打で2死二塁とチャンスをつくるもつづく2番小宮山優生(文3)が遊ゴロに倒れてしまう。そして7回にはまたも2死二塁のチャンスをつくるも9番大畑が投ゴロに倒れ流れを引き寄せることができない。

 

▲本塁打を放った長島

7回小澤が先頭打者に四球を与えたところで林部がマウンドへ。力強いストレートを投げ込むも遊撃手の悪送球などがありこの回1点を与え、さらに8回には三本の長打とスクイズで3点を加えられ日大に7点差をつけられる。最終回なんとか意地をみせたい中大は1死から眼龍達矢(商4)が左前打で出塁するも後続が倒れ試合終了。歓喜の輪を作る日大を前に無念にもリーグ優勝を逃した。「みんな当てにいっていて自分のスイングが出来ていなかった」(池田監督)と試合を通して持ち前の打線のつながりをみせられなかった中大。「完敗だった。素直に悔しい。」(千葉諒主将・経4)と4年生は悔しさの残る引退となってしまった。しかしこの悔しさを糧に来年の全日本をかけた関東大会に向け新チームの新たな船出が始まる。

◆ 試合結果

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計

中大 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

日大 0 1 0 1 0 3 1 3 ✖︎ 9

記事・写真「中大スポーツ」新聞

コメントを残す