錦織 初戦突破 ティアフォー破る


日本の錦織圭がエルステ・バンク・オープンの初戦に登場し、米国のフランシス・ティアフォーを7-6, 7-5, 6-2のフルセットの末に破り、2回戦進出を決めた。

この試合、錦織は若手のティアフォーに苦戦。第1セットからティアフォーの多彩なプレーと強打への対応にペースを握れない。それでも両者ともゲームキープを続け、6-6のタイブレークに突入。ここでは、今年度タイブレークの勝率79%以上を誇る錦織が7-3でティアフォーを圧倒し、第1セットを先取した。

続く第2セット、錦織は第1ゲームでブレークに成功し、流れを渡さない。その後は両者ゲームキープが続き、5-4で迎えた第10ゲーム、サービングフォーザマッチを迎えた錦織だったが、ここでティアフォーが粘りを見せブレークに成功した。これでゲームカウントは5-5となり、その後第12ゲームでティアフォーが再びブレークに成功し、第2セットはティアフォーが取り返した。

ティアフォーに流れが傾くかと思われたが、第3セットは錦織がギアを上げた。第3ゲームで錦織がブレークに成功し、その後は集中力を高めた錦織が圧倒。迎えたサービングフォーザマッチもファーストサービスの助けもあり、錦織がしっかりキープして試合終了。2時間を超える接戦だったが、錦織が意地の勝利を収めた。

錦織は2回戦でロシアのカレン・カチャノフとオーストリアのデニース・ノバークの勝者と対戦する。

※写真

https://www.nikkansports.com/sports/news/201810230000643.html

日刊スポーツ

コメントを残す