錦織と大坂が名古屋へ ドリームテニス


日本のテニス界のスーパースターが名古屋にやってくる・・・未だに驚いている名古屋市民の方々は多いのかもしれない。

2011年から東日本大震災のチャリティマッチの名目で行われている「ドリームテニス」が11月25日、名古屋の日本ガイシホールで開催されることになった。昨年までは東京の有明コロシアムで開催されていたが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けての改修工事のため休館中であり、今年は名古屋が開催地に選ばれた。

右手首のけがからカムバックし、再トップ10入りを果たした錦織圭、全米オープン覇者の大坂なおみをはじめ、ATPツアー初優勝を果たしたダニエル太郎、200キロサーバーで期待の若手の綿貫陽介、同じく若手の内田海智、フットワークを生かした粘り強さが持ち味の奈良くるみも参加。また、韓国の新星チョン・ヒョン、錦織のコーチを務めるマイケル・チャンも参加予定。ゲストとして松岡修造もファンの前に姿を見せる。

ドリームテニスはシングルスとダブルスが予定されており、ダブルスは混合も組まれることになった。混合ダブルスでは錦織と大坂の夢のタッグが実現。今年大活躍の2人がダブルスでどのようなプレーを見せてくれるのか、注目が集まっている。

ドリームテニスはWOWOWライブで午前10時55分より独占生中継。終了予定は15時だが、変更の可能性もある。

コメントを残す