レスリング部・天皇杯全日本選手権①



12月20~23日 駒沢体育館

井上、八木は課題と収穫どちらも得る結果に

 

オリンピック出場がかかる天皇杯に、2年生からは二人が出場。1年間の成果を発揮できた場面もあれば、改善点も残るものとなった。

▲相手のバックを取る井上

グレコローマンスタイル97㌔級に出場した井上諒汰(法2)は今回が初めての天皇杯。来年の明治杯出場権が得られる「上位の方に食いこめたら」と果敢に攻めてポイントを先取した。6-0と相手を引き離したが、「気持ちに余裕ができた」と隙を突かれて6-6と同点に。最後はフォールを決められ、今年度の井上の戦いは幕を閉じた。

▲フォールを決められて悔しさをあらわにした

次の明治杯に出場するためには、予選会で3位以内に入らなければならない。課題は試合中に油断をしないよう「精神面を鍛えること」。来年度、全日本規模の大会で上位入賞を果たすため、この冬が勝負となる。

▲初戦は第1ピリオドで完勝

八木海里(理工2)は東日本秋季新人戦後に体重を戻してフリースタイル86㌔級に出場。1回戦は「ほぼ完璧だった。良い所が出せた試合だった」と言うように試合序盤から得点を重ね、さらに絶妙なタイミングですかしタックルを繰り出し10―0でテクニカルフォール勝ちを収めた。

▲準決勝で相手と向かい合う八木

準々決勝の相手は石黒(日大)。第1ピリオドは「予想していた通り」にパッシブを取られて0-1とリードを許すも、第2ピリオドで巻き返しを図る。0-4と点差が開いたところで八木は攻めに入るが、甘くなった守りを相手に崩されて2点追加され、追いかける展開は続く。

八木は「取りにいくしかない」とバックを取って2点追加したが、「時間の駆け引きがうまくできなかった」ため、その時すでに残りの試合時間はあと2秒。追加点を決められず2-6で試合終了となった。

▲試合終了間際に2点獲得

この1年間はアジア・ジュニア選手権での海外選手との試合やインカレでの準優勝など、様々なことを経験し、「よく実績も出て、飛躍の年になった」(八木)。今回天皇杯を振り返り「反省点ばっかりです」としながらも、「組み手はよかった」と来年への成長材料も得た。上級生への仲間入りを果たしたあとは「実績を出して(後輩たちを)引っ張っていきたい」と気合いも十分だ。強敵がひしめくフリー86㌔級で、八木は常に上を目指す。

 

▼大会結果▼

グレコローマンスタイル97㌔級

1回戦

●井上6-6出口(日体大)○※フォール負け

 

フリースタイル86㌔級

1回戦

○八木10-0飯村(国士大)●※テクニカルフォール勝ち

準々決勝

●八木2-6石黒(日大)○

→7位

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す