スケート部・日本学生氷上競技選手権大会準決勝対東洋大戦


12・28 白鳥王子アイスアリーナ

逆転負けでインカレ優勝の道途絶える

 

「後悔ばかりで悔しい」(金子将太朗・法4)。最後のインカレを振り返り目を光らせ語った。先制点を奪い、1点差で終えた第2ピリオド。決勝戦まで、あと一歩のところまできた。しかし、第3ピリオドで同点に追い付かれ、それは悪夢の始まりだったのか、すぐさま追加点を決められ計3失点してしまう。無情にも追い付くことはなく目標であったインカレ優勝への道は途絶えてしまった。

 

〈第1ピリオド〉

先制点を叩き出したのは、矢島翔吾(総1)。「常にゴールは狙ってた」(矢島)とゴール前に流したパックが相手に当たりシュートが決まった。東洋大と比べシュート数は半分だったにもかかわらず、決定力と守備に磨きがかかり追い付かれることなく第2ピリオドにつなげた。

▲シュートを放つ蓑島圭悟(法4)

 

〈第2ピリオド〉

開始約3分。ついに東洋大にゴールを割らせてしまった。しかしその直後、相手がペナルティを取られ中大が数的有利な状況に。チャンスをものにしたのは、第1ピリオドでも得点をした「持っている」(八戸監督)男、矢島だった。

▲ゴールし雄たけびを上げる矢島(右)とアシストをした徳光陸(左・文2)

 

〈第3ピリオド〉

1点をリードする中迎えた第3ピリオド。流れに乗ったかと思われた矢先、8分には「1本のパスミスやターンオーバー」(八戸監督)が裏目に出て、同点ゴールを決められてしまう。なんとか1点を取り戻したいところだったが、すぐ直後に追加点を決められ、中大が追いかける展開に。「ゲームプラン通りに進んでいった」(八戸監督)とその時の状況を振り返るが、相手の勢いを止めることはできず試合残り1分半でまたもや追加点を決められた。タイムアウトを取ったが時すでに遅く、中大のシュートはゴールに吸い込まれることなく試合終了のブザーが会場に鳴り響いた。

試合終了直後の選手たち

 

課題であった「シンプルなホッケーはできていた」(八戸監督)。だからこそ何がだめだったのか自問自答を繰り返す選手たちが試合後のリンクに見受けられた。次の試合は3位決定戦。「4年生についていって笑って終われるように貢献したい」(矢島)。悔しい時も苦しい時も共に分かち合ってきたチームでの最後の試合を笑顔で締めくくる姿を見せてもらいたい。

 

◆試合結果

●中大2(1-0、1-1、0-3)4東洋大○

◆中大の得点

13:14 G矢島

27:22 G矢島 A徳光、蓑島

 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す