スケート部・日本学生氷上競技選手権大会三3位決定戦対日体大戦


12・29 白鳥王子アイスアリーナ

完封勝利を果たし、3位でインカレの幕を閉じる!

 

「このチームで最後のゲームになる。何としてでも勝って終わりたい」(八戸監督)。昨日の準決勝敗退を受け、いよいよインカレおよび4年生にとってのラストゲームとなった今試合。前半は両者の力が拮抗し、互いに1点も許さない展開が続いた。しかし第2ピリオド残り2分という場面で沖澤拡(商4)が先制点を決め、良い流れをつくる。最終ピリオドでは4年生の活躍により点差を引き離し、最終スコア4-0で見事に完封勝利を果たした。

 

〈第1ピリオド〉

第1ピリオドではディフェンス陣の腕が光った。開始から激しい攻防戦が続き、なかなか得点が決まらないもどかしさからかペナルティが重なってしまう。9分には中大が二人マイナスの状況になり、何度も失点のピンチを迎える。しかし絶対守護神の金子将太朗(法4)を中心としたディフェンス陣、加えてオフェンス陣も体を張ったプレーを見せ、なんとかこの危機を乗り越える。「みんな体張って守ってくれてうれしかった」(金子)。

▲中大のゴールを守りきった金子(左)と蓑島圭悟(右・法4)

 

〈第2ピリオド〉

続く第2ピリオドも、両者とも先制を譲らない展開が続く。しかし12分には切江蓮(総3)が、15分には植森脩太郎(法3)が10分間の退場を命じられ、ここでディフェンスに大きな穴が開いてしまう。それでもチーム全員でゴールを守り切り、それに応えるかのようにオフェンス陣にも火がつく。そしてついに第2ピリオド終了2分前、沖澤が待望の先制点を挙げると、割れんばかりの歓声が会場に響いた。「(ゴールを)決めてやりたいとずっと思っていた。最後に決められてよかった」(沖澤)。

▲得点に喜ぶ選手たち

 

〈第3ピリオド〉

良い流れのまま迎えた最終ピリオド。1点のリードを保つも油断は禁物。守備をさらに強化し、泥臭いシュートも次々と狙っていく。4分、塚原宏太(法2)からパスを受け取った矢野倫太朗(総4)が技ありのシュートを決め、追加点を奪う。さらに続く8分には高見悠斗(総4)が3点目を決め、選手たちの笑顔がはじけた。高見は自身のゴールに対し「みんながそういう状況を作ってくれた。みんなのおかげ」と感謝の気持ちを語った。試合時間残り2分のところでは4年生だけで編成されたセットが組まれ、このメンバーでの最後の試合を噛み締めた。18分、キーパーを下げて6人攻撃に出た日体大の無人のゴールに佐藤優樹主将(総4)のロングシュートが吸い込まれ、ダメ押しの1点が決まる。佐藤主将のゴールにより、4年生のフォワード全員の得点が果たされた。最後まで気を緩めることなく戦い続け4-0で試合終了のブザーが鳴ると、選手たちは再び笑顔を見せた。

▲ゴールしガッツポーズを見せる佐藤主将

 

「優勝しろ」(佐藤主将)。「足りなかった何かをこの1年間で見つけてほしい」(矢野)。試合後、後輩に向けてのメッセージを聞くと、その一言に熱い思いを込めた。1年次に優勝を経験した4年生たち。優勝することの難しさ、そして優勝を達成した時の喜びを味わってほしいという。そして「ただのチームメートというよりは、家族みたいなもの。一生懸命支えてくれて、一緒に戦ってくれてありがとう」(渡邉)、「ありがとうとしか言えない」(蓑島)と最後には口をそろえてそれぞれが感謝の気持ちを述べた。優勝は、次世代に託された。4年生の思いを受け取り、次こそは日本一の座をつかみ取りたい。

 

 

◆試合結果

〇中大4(0-0,1-0,3-0)0日体大●

◆中大の得点

 

38:06 G沖澤 A蓑島
44:32 G矢野 A塚原
48:55 G高見 A矢野
58:19 G佐藤 A矢野、渡邉謙太(総4)

 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部

コメントを残す