錦織 初戦は15日 全豪OP


日本の錦織圭が14日から開催される全豪OPに出場する。錦織は今回第8シードで、1回戦は15日の日本時間午前9時、第1試合に組まれた。

錦織の初戦の相手はポーランドのK・マイクシャクで、予選勝ち上がりの相手となった。世界ランクは176位で、ランキング上でははるかに格下だが、錦織は「あまり知らないです。油断はできない」と気を引き締めている様子。昨年9月にフランスで開催されたモゼールオープンで当時世界ランク166位、ドイツのM・バッヒンガーに敗れた経験もあるだけに油断は許されない。

錦織は昨年、右手首のけがで全豪の出場を回避したため、今回は2年ぶりの出場となる。アルゼンチンのデル・ポトロの棄権もあり、第8シードへと繰り上げられた錦織は、順当に勝ち進めば準々決勝でセルビアのN・ジョコビッチと対戦予定。全豪は最高成績がベスト8であるが、その壁を破れるか、注目が集まる。先週のブリスベン国際の優勝で非常に状態が良いことも、ファンが期待をさらに膨らませていることにつながっているだろう。

「今年は特別な1年にしたい」と語っていた錦織だが、今回の全豪でその特別な瞬間を見せてくれるのだろうか。

(全豪OPはWOWOWライブ・メンバーズオンデマンドで生中継。NHKでも深夜に録画放送の予定)

※写真 Getty Images

 

コメントを残す