アギーレジャパンの戦術って?


DSC_0395

(2014年キプロス戦@埼玉スタジアムでの写真)

ハビエルアギーレがサッカー日本代表に就任して3試合目、キリンチャレンジカップ、ジャマイカ戦が10月10日に行われた。

1-0で終えた結果からは、もう少し点が取れたのかな?って思ったが、チャンスを多く作った。

図Ⅰ

myboard

この3試合をTV観戦して、戦術を自分なりに分析した

―攻撃のキーとなるのはインサイドハーフ

4-1-2-3のような戦術で、アンカーとインサイドハーフ(アンカー1人の前に並ぶ2人のミッドフィルダーをインサイドハーフ)を置く。インサイドハーフは、攻守にわたって献身的に走る。3トップの一番前にボールが入ったときにサポートに必ず入る。左右のウイングがサイドに張った場合は、一番前の人とウイングの間にスペースが生まれる。その間をインサイドハーフの選手が駆け上がっていく。基本的に相手からすると、センターバックはトップの選手に。サイドバックはウイングにマークを付く。その中でインサイドハーフが上がってくると、相手選手からすると誰がマークにつくのか困る。これで数的有利を作ることが出来る。攻撃に厚みを持たせることが出来るのだ。

 

―アンカーに求められるもの

アンカーは、守備。これはもちろんのことだ。セカンドボールや、カウンターの処理などをする。しかし、それ以上にビルドアップとしての役割もある。ブラジル代表のルイスグスタボも同じ役割を担っている。DFラインの中央にアンカーが落ちてきて、一時的に3バックを形成する。両サイドバックは前のポジションに。3-4-3のような形になる。サイドを押し上げることで、厚みのあるサイド攻撃、さらにはDFラインで安心してボール回しが出来る。インサイドハーフが一時的にボランチに落ちてくれば縦パスが、サイドバックにボールを出せば厚みのあるサイド攻撃ができる。

図Ⅱ

 

myboard

 

―プレスが機能

アギーレジャパンでさらに改善されたことがある。それは前線からのプレスだ。10月10日に行われたジャマイカ戦の1点目のシーン。ボールを奪う前に、前線からの効果的なプレスが決まっていた。前線の役割ははっきりしていた。岡崎はボールをとるためにプレスにはいかない。後方のポジションの選手がボールをとりやすいいように、どちらかのサイドにパスコースを限定する。ボールをわざとMFに出させる。これが出来れば、餌に引っかかる魚だ。それをみたインサイドハーフとサイドバックは、相手MFにプレス。簡単にボールを奪うことが出来る。(図Ⅲの白矢印はボールの動き、紫矢印は人の動き)

図Ⅲ

myboard

 

4-3-3のアギーレジャパンのフォーメーションにはこのような狙いがあると思う。もちろん戦術がすべてではない。個人のプレーも大切だが、チーム戦術が大切になることもある。ブラジルW杯で味わった屈辱を再び、W杯で―。これまでの3試合は順風満帆だ。次は今月18日にブラジル代表と対戦する。強豪相手にどれだけできるか、試す時が来た。

コメントを残す