私が競馬にはまったお話


「競馬は複勝で少しづつ儲けた方がいいよ!」

「あの馬は固いから軸にして、2着3着を考えた方がいいなー」

 

競馬を知らない私がウインズに連れていかれたとき、友人や会社の先輩が言っていた言葉です。

 

この人たち、何言ってるんだろう…

初心者の私はそんな事を言われてもチンプンカンプンで、

説明された事の半分も訳も分からず

「迷ったら、好きな馬の名前で買えばいいよ!」

という言葉を鵜のみにした結果、ビギナーズラックで10万を当てることに成功!!

競馬って、こんな楽しいものなのかー(^^♪とそこで競馬にはまったのです!

 

 

 

というのは真っ赤なウソで、複勝でかすりもせずに初競馬は惨敗に終わりました…

 

競馬なんてやっぱり当たらない、ギャンブルやないか。

そう思い続けて数か月が経ったある日

会社の先輩から阪神競馬場にお誘いを頂きました。

 

前述のこともあり、競馬は当たらないけど阪神競馬場なら美味しいものもあるしせっかくならば行こう!

そう思い少し雲がかかる2月末、アーリントンカップが開催される阪神競馬場に車を出して頂いて向かいました。

 

—– 2月27日(土) 阪神競馬場
阪神競馬場

大阪から車ではるばるついた先には想像以上に大きいドームが私の目の中に入ってきました。

すげぇでかい…

始めは食べることしか頭になかった脳も、その規模に圧倒されて謎の高揚感が芽生えてきたのを今でも覚えてます。

駅から直結の広い通路、レースに出場する馬の凱旋場所。何人も入るであろう観客スペース、様々な飲食の広場。

競馬をする場所なんて負けた券が散らばって散々としているイメージだったので、レジャー施設のような空間は驚きでした。

 

とくにチーズ食パンがおいしくて、もう一度たべたいと今も思います(食べ物ばっか目がいきます 笑)

そして色々見終わった後、私は購買に連れていかれ

「競馬やるんなら、新聞は買っておいたほうがいいぞ。スポニチとか」

そうアドバイスを受け、まぁ晴れの舞台だし買っておくかとスポニチを買いました。
(スポニチくださいといいながら、間違えてスポーツ報知を持っていこうとしたのは黒歴史)

 

新聞なんかゴミ袋に敷き詰めるときにしか使わないので、
広げて見る記事も宝塚とかバラエティーなネタしか見てませんでしたが先輩いわく

歩きながら読んでる姿は様になっていたようです(ギャンブル漬けに見える意味で)

 

さてさて、そんなスポーツ新聞ですが実際の競馬の欄を読んでいる方はいらっしゃるだろうか。

一言で言い表すのであれば、とてつものない情報の山です!!

たぶんだれも意味を教えてくれないのであれば、数秒で読むのを止めることでしょう。

 

その日の走る距離のレースに何回その馬は勝利しただとか、どのコースに強いだとか、

親馬が何かとか、体調がどうとか…etc

 

そんな様々なデータを私は先輩にひとつずつ色々教えてもらいましたが、

理解力の弱い私が全部のデータをすぐに理解できるわけもなく

倍率の高い馬を選んで単勝を買うなんて、

今考えたらアホな買い方を数レースほど続けていました。

 

もちろん、当たるはずもなく夢ばかり追いかけていましたが

そろそろ当てる喜びを知りたいなーと思い

「これ、どこを見たらいいんですか?」

そういって先輩に教えてもらった馬の調子や得意な距離などの見方を

改めて教えてもらい複勝(1~3までの馬を当てる)を買ってみました。

(得意な距離とか調子だけで、当たるもんなんかなー)

 

 

とか思ってたら、なんと4位でゴールしました!

結構あたるもんなんや!(外れてますが…)

当時の私はめっちゃビックリしてました。

 

そこから私は競馬新聞のありがたみを知り、どんどん読み進めていくうちに面白くなり

「この馬に乗っている人が武豊やし。面白いからもう一枚買ってきます!」

とか言い出す始末になってました。

でも相変わらず単勝で買おうとするから、全然当たらず…

 

そんなこんなで、その日メインレースがやってきました。

 

観客の高ぶりを肌で感じ、私も言い知れぬ高揚が溢れ、

持っていた新聞はぐしゃぐしゃになってました(読み漁りすぎて)

 

こうなると私も真剣です。必死になって浅い知識を振り絞り、どの馬が勝つか予想していました。

しかしどの馬も強そうで、考えれば考えるほど決めることができません。

そんなとき、あの言葉を思い出しました。

 

「迷ったら、好きな馬の名前で買えばいいよ!」

 

そうだ!せっかくのメインレースなんだから、肩ひじなんて張らなくていい。楽しめばいいじゃん!

 

ばっと出馬する馬の名前を見返す私、そこで目についたのが「ダンツプリウス」

ジャイロゼッターという車のアニメが好きな私は、プリウスの名前に惹かれて複勝を買いました。

(お願い、一回ぐらいは当てる感動を教えてくれ~)

そう祈りながらマークシートに記入をし、券売機で馬券を買いレースを見守りました。

 

—– 阪神競馬11レース目
アーリントンカップ

ファンファーレと共に目の前で私が思いをのせたダンツプリウスが走り出しました。

 

はじめはそんなに前に出てなかったと思います。でも目の前でどんどん他の馬を追い抜いていき

そんな熱い争いを見ていくうち、私の中から競馬はギャンブルだとか当たらないから楽しくないなんて考えが消えていき

ただそこでダンツプリウスを応援し、競馬にはまっている自分がいました。

 

そしてゴール手前、なんと他の馬も食らいついていきほぼ同着のゴール!

勝負の結果が写真判定へと持ち越され、観客の皆が着順掲示板へと向かいました。

いったいどうなるの!?

私のプリウスは、けっきょく何着だったの?

分けも分からず先輩に尋ねました。

 

「これってどうなるんですか?」

「みんな審議の結果が出るのを待ってて、あそこに確定の文字がでないと結果が決まらないんや」

 

なるほど、だからみんなあそこで手に汗握ってるのか。

かくゆう私もそうでした。

確定の文字が出るまでひたすら長い時間待った気がします。

そしてついに確定も文字が掲示板に映り、順位が発表されました。

 

あ、当たってる!!!!!!!!

 

判定の結果、ダンツプリウスはなんと2位に入っていました。

私が勝ったのは複勝、つまり3位以内に入っていたで当たったのです!

 

人生初めての競馬での勝利でした(累計ではボロ負けです)

色々な情報を頼りにどの馬が勝つか思考し、最後はこの馬が来るという思い。そしてそれが叶ったときの喜び。

 

それを知ることが出来た経験に先輩や誘って頂いた方々、

そして阪神競馬場とダンツプリウスにお礼がここで述べさせて頂きます。

本当にありがとうございます!

 

以上が私が競馬に興味を抱いたお話しでした。

今やフォーメンションで三連複を買うぐらい上達して、はまりまくっています笑

これを読んだ競馬のやったことがない方も、一度はチャレンジすることをオススメしますよ!

絶対ハマること間違いなしです!

 

 

コメントを残す