ポイント制とメダル機能

ポイント制について

point_help

ポイント制とは、あなたが書いた記事に対してビュー数がどのくらいあったかによって与えられるポイントのことを言います。これがあなたのプロフィール画面に表示されます。12th Man編集局はこの時までに1700Pointsを獲得していることになります。このポイントは人気のバロメーターの一つになるわけです。また、このポイントは記事配信から1年という有効期限があります。例えば2016年10月6日にある記事を書いてその記事で獲得したポイントは、2017年10月6日で失効します。テニスのATPの世界ランキングのポイントと同じシステムです。ですので、ポイントを維持、伸ばすためにも定期的に記事を配信していくことが重要となります。また、獲得したポイント総数に応じてスポーツブロガーとしての地位やランキングの発表などもこれから機能として追加していく予定です。
※2014年6月から2016年9月までに配信された記事に関しては、特別に1年間の基準を2016年9月末日に設定しております。

<獲得できるポイントの基準(例)>
・記事を1本配信する:10ポイント(このポイントは失効しません)
・記事を5本配信する:10ポイント
・記事を10本配信する:10ポイント
・ビュー数1000以上:10ポイント
・ビュー数5000以上:20ポイント
・ビュー数10000以上:30ポイント
・ビュー数50000以上:40ポイント
・ビュー数100000以上:50ポイント
※詳しくは、後日「12th Manホームページ」で公開する予定です。基準は改定される場合があります。

メダル機能

medal_help

メダル機能とは、あなたが書いた記事に対してビュー数が一定以上あれば与えられるメダルのことを言います。あなたのプロフィール画面の「獲得メダル」に獲得すれば表示されます。また、記事ページのタイトルの右端にメダルを獲得すればそのメダルが表示されますので、「この記事がどの程度読まれているか?」が一目でわかります。具体的には、下から銅、銀、金、プラチナ、ダイヤの5つのメダルがあり、それぞれ記事のビュー数に応じて獲得できます。このメダルが多いと、人気の記事をたくさん配信しているという一つのバロメーターとなります。

<メダル獲得の基準(ビュー数)例>
・銅メダル:1000ビュー以上
・銀メダル:5000ビュー以上
・金メダル:10000ビュー以上
・プラチナメダル:25000ビュー以上
・ルビーメダル:50000ビュー以上
・ダイヤメダル:100000ビュー以上
※詳しくは、後日「12th Manホームページ」で公開する予定です。基準は改定される場合があります。

コメントを残す